【正しく使う!】クレジットカードのメリットとデメリットを解説します。【現金派必見です。】

【正しく使う!】クレジットカードのメリットとデメリットを解説します。【現金派必見です。】

この記事はこんな人にオススメです!

・クレジットカードについて理解していない。

・カードを使いたいけど使うのが怖い。

・クレジットカードを使うメリットを知りたい!

 

僕は大学に入ってすぐクレジットカードを作り、それから4年間カードを使い続けてきました。

 

現在はJCB・Mastercard・Visaそれぞれ1枚ずつ所持し、用途によって使いわけています。

支払いのほとんどはクレジットカードで行っており、最近は現金を持たない生活を目指しています(笑)

 

今回はそんなクレカ派の僕が4年間クレジットカードを使用して感じたことを中心に書いていきたいと思います!

【正しく使う!】クレジットカードのメリットとデメリットを解説します。【現金派必見です。】

【正しく使う!】クレジットカードのメリットとデメリットを解説します。【現金派必見です。】

 

 

本記事では、

・クレジットカードの仕組み

・クレジットカードを使用するメリット

・クレジットカードが危険に思える理由

を理解することができます。

 

クレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組み

ここでは簡単にクレジットカードの仕組みを解説します。

 

一言でまとめると、クレジットカードを使うということは、「カード会社に借金をして買い物をする」ということです。

 

具体例を出してみましょう。

2020年2月に1万円のカバンをAmazonで購入

カード払いを選択

カード会社が販売元へ1万円を支払う(借金)

2020年3月末に僕がカード会社に1万円を支払う(返済)

という流れです。

 

つまり、クレジットカードを使用するということは、カード会社が僕の代わりに先に代金を支払い、それを1か月後に返済するということです。

 

2月に買ったカバンの代金を3月末に支払っているように、僕は1か月カード会社に借金をしています。借金をすると知ると怖く聞こえるかもしれませんが、ちゃんと返せる収入があれば全く問題がありません。

 

クレジットカードのメリット3選

クレジットカードのメリット3選

4年間クレジットカードを使って感じたメリットを3つ紹介します。

 

①ポイント還元される(お得)

 

僕がクレジットカードを使う一番の理由が、支払い金額に応じてポイントが還元されるからです。

 

現在は政府がキャッシュレスを推進しているのでなおさらポイントが還元されます。たまに2%や5%還元される店舗を見かけますよね。

 

政府のポイント還元対象店舗以外でも、ポイントは還元されます。

 

僕が利用しているオリコカードは支払い金額の1%がポイントとして還元されます。たった1%かよと思った方もいるかもしれませんが、現金払いとは明確な差が生まれます。

 

例えば、1万円の買い物をしたときに現金で払った場合は何も返ってこないですよね。しかし、オリコカードで1万円を支払った場合は100円分のポイントが付きます。

 

月5万円使う人なら毎月500円分のポイントが付くことになります。僕は500ポイント貯まるごとにAmazonカード500円分に換え、本を購入しています。

 

つまり極端な言い方をすると、月5万円現金で支払っている分をカードに換えるだけで、3か月で本が1冊無料(1500ポイント)で買えるようになるということです!

 

カードを使うことが本に繋がると考えるとたまらないですよね(笑)

 

現在は政府主導でキャッシュレスのポイント還元が行われていて、現金では数%のポイントがの還元されないのでカードを使わないとかなり損しています。

 

ポイントを貯めることが目的になってはいけませんが、現金払いをカードに変えるだけで本1冊が買えると考えるとカードを使うメリットは十分にあると思います!

 

②カード決済で手間が省ける(簡単)

 

二つ目のメリットは、カード決済を利用できるため支払いの手間が大きく省けるということです。

 

クレジットカードを持つことでネットで支払いをするときにカード払いを選択できるようになります。例えば、ライブのチケットの申し込みをするときはカード払いかコンビニ決済かを選択することが多いですよね。

 

カード払いを選択すると当選したときも当選しなかったときも何もする必要はありません。一方でコンビニ決済にすると当選した場合には決められた期日までにコンビニでチケット代を支払う必要があります。これが非常に面倒くさいんですよ。

 

コンビニ決済を選択したライブで、時間の都合が合わず大好きなアーティストのライブに参加できなかったことがあります。カード決済ならそんな心配が必要ありません。

 

ライブ以外にも

・Amazonなどの通販サイト

・公共料金

・ファンクラブの申し込み

・旅行の予約

・寄付

などなど、ほとんどオンラインで決済をすることができます。定額払いのサービスなら自動で行ってくれますしね。

 

銀行やコンビニに支払いへ行く手間を省くことができたら時間を作る必要がないですし非常に便利です。

 

でも確かに、それくらいの支払いなら全然面倒じゃないという人もいると思います。そんな人にこそ一度オンラインカード決済を使ってみて欲しいです(笑)

 

どんなに楽かを実感できると思います。

 

③現金を持ち歩くのが最低限で済む(安心)

 

3つ目の理由は、クレジットカードを利用することで現金をたくさん持つ必要がなくなるからです。

 

現金をたくさん持つと財布をなくしたときのダメージが大きいですし、盗難に遭う可能性もありますしできる限り持たない方が安全かと思われます。

 

そんなときにクレジットカードは力を発揮します(笑)

 

例えば、つい最近海外旅行(コロナで中止)へ行くための支払いをカードで行いました。

 

海外旅行の代金は一人あたり17.5万円で、友達の分も担当していたので計70万円を支払う必要がありました。でも普通に考えて70万円を持ち歩くのは非常に危険ですよね。

 

そこで、僕はクレジットカードを複数持っていたので1人分を現金で、3人分をカードで支払うことにしました。つまり、現金70万円持つべきところをカードのおかげで1/4に減らすことができたということです。

 

確かに、カードをなくしたら危ないやんと思われる方もいると思いますが、カードをなくした場合は利用を止めることができますし、不正利用された分は補償されているので現金よりもリスクを減らすことができます。

 

多額の現金を持ち歩くというのは常にリスクと隣り合わせなのでカードを上手く利用できれば安心できると思います!所持金以上の大きな買い物もできるので心強い味方になってくれること間違いなしです(笑)

 

クレジットカードのデメリット3選

クレジットカードのデメリット3選

クレジットカードってなんか使うのが怖いですよね。

ここではクレジットカードを利用する際のデメリットを解説します。

 

デメリットを正しく理解しないとクレジットカードは凶器になるので要注意です。

 

①お金を使いすぎる可能性がある

 

一つ目のデメリットは、クレジットカードを使うと現金よりもお金を使いすぎてしまう可能性があります。なぜなら、クレジットカードを使うとお金を使っているという感覚がなくなるからです。

 

例えば、現金で5万円の買い物するときは1万円を5枚出すので目の前でお金が減ります。

しかし、クレジットカードの場合は5万円であろうと財布からお金が減ることはありません。(後に口座から引き落とされます。)

 

しかも、コンビニで100円を払うときも高級飲食店で2万円払うときもカード払いの動作は全く同じです。

 

つまり、お金を支払うときの痛みが現金よりも少ないためお金を使っている感覚が減り普段よりも支出が増えてしまう可能性があるということです。

お金を管理する力が必要になってきます。

 

そのため、支払いの管理能力がない人はクレジットカードを使わない方がいいかもしれませんね。

 

クレジットカードが怖いと考えられる一番の理由はこれにあると思います。しかし、それはクレジットカードが悪いんじゃなくて使う人の問題です(笑)

 

使う人が気を付ければいいだけです。

 

僕の場合は、お金の使い方に関係なく同じ支出として扱うようにしています。

具体的には、現金で支払うときもクレジットで払うときも必ず家計簿アプリに支出金額を記入して、現金払いもカード払いも同じ感覚で使うようにしています。

 

カードを上手に使えるようになるためには家計簿が必須かもしれませんね。

 

②いまだに現金のみの店舗がある

 

二番目の理由は、いまだにクレジットカードに対応していない店舗があることです。政府主導でキャッシュレスを導入していることもあって、ほとんどがクレジットカード対応になってきましたが、まだ現金のみの店舗があります。

 

できる限り現金を持ち歩かないようにして、クレジットカード決済だけにしてしまうと、現金のみの店に行くことができません。行動の範囲が狭まる可能性があります。

 

確かにクレジットカードが使えない店は行かないという選択肢もありますが、それはもったいない気もします。クレジットカードをメインで利用して現金は予備で用意しておくくらいがベストですね。

 

③割り勘が面倒くさい

 

3つ目の点は、複数人でご飯に行った際に現金を持ち合わせていないと割り勘が面倒くさいということです。

 

別々で会計できたら問題がないんですが、「会計はご一緒にお願いします」と書かれた店では割り勘ができないですよね。そんなときにカードしか持っていないと最悪です。

 

だからみんなとご飯にいくときは現金を持っていく必要がありますね。

 

最近はアプリで割り勘できるものもありますが、全員が導入していないと意味がないですし実際に使ったこともありません(笑)

 

クレジットカードだけに絞ってしまうと、思わぬところで現金が必要になったときに対応ができないのでやはり現金を持つ必要はまだまだありそうです。

 

まとめ

 

今回はクレジットカードを使うメリットとデメリットを解説しました。

 

メリットは、

①ポイントが付くからお得に買い物ができる!

②オンラインでカード決済ができる!

③少額の現金で済むようになる!

ということでした。

 

デメリットは、

①お金を使いすぎる可能性がある。

②現金のみの店舗はまだある。

③割り勘が面倒くさい。

ということでした。

 

「必ずクレジットカードを使え!」というわけではありませんが、僕はクレジットカードを使う方がお得だと思うので、使い過ぎに注意しながら上手に使っていただけたらなと思います。

 

ベストはクレジットカードと現金を使い分けることですからね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!