時間がない

あなたに読書する時間がない3つの理由【結論:読書しないから】

あなたに読書する時間がない3つの理由【結論:読書しないから】
この記事はこんな人にオススメです!
  • 働きだして読書する時間がなくなった社会人

この記事を読めば、いつまでも読書をする時間がない3つの理由を理解することができ、明日からできる読書習慣のテクニックを知ることができます

 

皆さんは本を読みたいですか?

 

恐らく、本を読みたいけど最近時間がなくてどうしたらいいんだろうと悩んでいる人は多いと思います。

 

僕も社会人になってすぐは読書する時間が減りました。仕事へ行って帰ってバタンキューの毎日でしたからね笑

 

しかし、工夫に工夫を重ねて今では毎日最低30分以上の読書時間を確保できるようになっています。

 

たった30分かよと思われるかもしれませんが、たった30分でも1週間で3時間半にも及びます。1週間で3時間半読めたらなんか人生変わりそうな気がしませんか?笑

 

というわけで今回は、読書する時間がないと悩む皆さんに、なぜ読書する時間がないのかという話と、どうすれば読書できるようになるのかという話をします!

 

読書する時間を確保したいかたはぜひご覧ください!

 

本記事の内容はこちら!

読書する時間がない3つの理由

  1. 本は全部読まないといけないという思い込み。
  2. 読書しないから。
  3. 読書の優先順位が低い。

以下の参考文献を基に書いています。

あなたに読書する時間がない3つの理由【結論:読書しないから】

あなたに読書する時間がない3つの理由【結論:読書しないから】

それではさっそく、読書する時間がない3つの理由を紹介します。

読書時間がない理由①
全部読まないと!という思い込み

 

まず、読書する時間がないと思い込んでいる人には特徴があります。

 

それは、本は全部読まないといけない!という思い込みです。

 

なぜなら、人はページに対する金額のもとを取りたい生き物だからです。

 

前から全部読む

 

本を買ったときに、最初のページから順番に読む人は多いと思います。かく言う僕もそうでした。

最初のページから読んで、途中で挫折して積読になる。

そんな経験を何度もしたことがあります。そして、途中で読み終わるくらいなら読まない方がいいと思ってしまいますよね笑

 

だから、最後まで本を読む時間がないから本は読めない!という思考に至ってしまうわけです。これは非常にもったいない。

 

全部読まなくていい

 

解決策としては、本は全部読まなくてオッケーです。

 

YouTube大学のあっちゃんもそんなことを言っていました。

 

本の重要な部分は全体の10%から20%くらいしかありません。なので、自分の価値観や行動が変わるポイントを一つでも見つけられたら十分だと思います。

 

読んだ量で元を取ろうとするんじゃなくて、得た知識で元を取るというわけです。

 

大事なことを一つ選ぶなら?

 

僕は読書をするときに、必ずやることがあります。

 

それは、「この本から一つだけ大事なことを選ぶならどれ?」と考えることです。

 

たった一つだけ?と思う方もいるかもしれせんが、たった一つでも学びがあったのなら十分です。

 

全部読んでも何も学ばない人もいますからね。

 

確かに、全部読まないともったいないという気持ちもわかります。

 

読まなかったページ代のお金が無駄になって損した気分になるかもしれません。

 

しかし、読書は自分が人生で得られない知見を先人から教えていただくものです。

 

全てが頭に入るわけがありません。

 

全部読まないといけないという思い込みを捨てたら、読書する時間がないという悩みは解消されます。

 

短い時間で読むためにも、本は欲張らずつまみ食いで終わりましょう笑

 

理由①本は全部読まないといけないと思い込んでいる。

 

読書時間がない理由②
読書しないから。

 

次に、読書をする時間がない人は、読書をしないから時間がありません。

 

なぜなら、読書こそ最強の時短術だからです。

 

読書こそ時短術

 

「読書する時間がない人は、読書しないから時間がない」という文章だけ見ると、意味わからないかもしれませんね笑

 

これは、僕が大学生時代に影響を受けた『レバレッジリーディング』から学びました。

 

著者の本田直之さん曰く、「社会人は本を読む時間がないのではなく、本を読まないから時間がない」そう。

 

なぜなら、本を読めば時間が生まれるからです。

 

先ほども言いましたが、本は偉業を成し遂げた人が労力と時間をかけて作ったものです。

 

そのため、問題の解決策を自分で考えるよりも圧倒的に早く答えを得ることができます。

 

例えば、お腹が痛いときになぜ自分がお腹が痛いのかを考えるより、腹痛に関する本を読んだほうが解決できそうですよね。

 

つまり、本は悩む時間を短くしてくれる時短アイテムになるわけです。本を読んで素早く問題を解決しないからいつまでも読書をする時間がないということです。

先人の知恵は借りよう

 

先人の知恵は積極的に借りた方がいいです。

 

本を読めばある程度の悩みは解決できます。

 

例えば、

このように皆さんが抱える悩みの大半は、本から解決のヒントを得ることができます。

 

いつまでも悩んでたらもったいないです。

 

確かに、本が時短になるなんて思わなかったかもしれません。本はゆっくり読むものというイメージが強いですからね。

 

しかし、せっかく自分よりも成果を出した人が知識を残してくれてるんだから、使わない手はないですよね

 

時間がないからこそ本を読んで時間を作りましょう!

 

理由②本を読まないからいつまでも時間がない。

読書時間がない理由③
読書の優先順位が低い

 

最後に、本音では読書する気がないのかもしれません。

 

なぜなら、今はスマホでも読書できる時代だからです。

 

時間は限られている

 

サラリーマンになってわかったことは、社会人は本当に時間がないということです。

 

学生のときは少しくらいダラダラしていても、バイトがない日は時間がありました。

 

しかし、社会人は仕事終わりにダラダラしてしまうとあっという間に1日が終わります。

 

スキマ時間

 

とはいえ、コントロールできる時間がゼロというわけではありません。

  • 電車を待つ時間
  • 通勤時間
  • 帰ってからだらだらする時間

時間の長さ人によって違えど、皆さんにもあると思います。

 

つまり、この時間を読書に使うことができれば、時間が全くないわけではないということです。

 

一度でいいので、自分のスマホの使用時間を計ってみてください。

 

そんなに触っているイメージがないかもしれませんが、一日で結構な時間をスマホに割いています。

 

その時間を読書に充てられたら最強じゃないですか?

 

今はスマホでも読書できますから、SNS見る時間を読書に充てることもできます。

 

なので、現時点の生活では本を読みたいという欲求よりも他の欲求が勝っていると思います。

 

読書の時間から決める

 

オススメの方法としては、読書の時間を固定するのがベストだと思います。

 

僕の読書時間は毎日固定されていて、

  • 電車の中
  • 寝る前の30分

という風に、仕事に行くときは必ず訪れるタイミングに読書を当てはめています。

 

通勤で電車を使わないことはないですし、寝る前に30分がないわけないです笑

 

読書する時間を決めることで一定の読書時間を確保することができます。

 

そんなことできない!と思う方もいるかもしれませんが、

  • 電車の中で動画を見る
  • 寝る前はゆっくりYouTubeを見る

などなど、皆さんにもルーティンがあると思います。

 

毎日やることと読書を繋げることで習慣化は簡単にできます。

 

時間がないではなく、読書の優先順位が低く時間を取れていないことが本当の原因だと思います。

 

読書したいのなら、まず読書の時間から確保してみましょう!

 

確かに、ダラダラしてる時間なんかないし、やりたいことがありすぎて、本当に読書する時間がないんですよ!という人はいるかもしれません。

 

それなら、やりたいことのサポートとなる本を読むと、さらに熱が増すのでオススメです笑

 

読書したいのなら、SNSよりもYouTubeよりも読書の優先順位を上げましょう。

理由③読書の優先順位を上げる

読書時間がない理由まとめ

読書時間がない理由まとめ

今回は、読書する時間がない3つの理由を紹介しました!

復習します。

読書する時間がない3つの理由は?
  1. 本は全部読まないといけないという思い込み。
  2. 読書しないから。
  3. 読書の優先順位が低いから。

ということでした!

 

いかがだったでしょうか。

 

使い古された言葉ですが、人間に与えられた1日は24時間しかありません。

 

人生はこの24時間の使い方の連続です。

 

一時間をスマホに費やす人もいれば、一時間を読書に使う人もいます。

 

別にスマホを触ることを悪くいうわけではありませんが、日々の小さな差が結果的に大きな差を生むかもしれません。

 

未来がどうなるかわからないですけど、僕はこの小さな差の力を信じて行動しています。

 

僕が尊敬する皆さんも30代後半からやりたいことが実現できているように思います。

 

すぐに成功することは難しいかもしれませんが、着実に成功することを目指すためにも読書は大事です。

 

先人の知恵を借りてより楽して生きるためにも読書の時間は確保しましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

ABOUT ME
よぴお。
本を読んだり新しいことに挑戦したりするのが好きで、頭の回転が遅い22歳です。サラリーマンやってます。週に1回、誰かの悩みを解決するためにブログを始めました。