努力が続かない

努力を続ける才能の鍛え方とは?【5つのステップで解説します】

努力を続ける才能の鍛え方とは?【5つのステップで解説します】
この記事はこんな人にオススメです!
  • 努力が全く続かない人。
  • 努力するにも才能がいると思う人。
  • コツコツ努力できるようになりたい人。

この記事を読めば、努力を続ける才能の鍛え方を理解することができます!

 

皆さんは自分には努力を続ける才能があると思いますか?

 

ダイエットをしようと思ったけどすぐやめた。

勉強しようとしたけど秒で飽きた人。

何をやっても3日坊主になる人。

などなど、なかなか頑張ろうと思っても努力が続かないという人は多いと思います。

 

過去の僕がそうでした。

よし、英語の勉強をしよう!

よし、ランニングしよう!

よし、毎日勉強しよう!

すべて長くは続きませんでした笑

 

典型的な飽き性だったんですよね。

 

だから努力が続く人は、「努力をする才能」が元々あるんだなと思い込んでいました。

 

しかし、実は努力する才能は鍛えられるということがわかっています。

 

僕も努力する才能を鍛えてからというものは、コツコツ続けることができるようになりました。

 

というわけで今回は、努力を続ける才能とはなにか努力をする才能の鍛え方について解説します!

 

本記事の内容はこちら!

努力を続ける才能とは?

努力を続ける才能の鍛え方【5つのステップで解説】

  1. 才能ではなく努力を褒める。
  2. 努力と結果を結びつける。
  3. 失敗を素直に受け入れる。
  4. ゴールへの正しい努力をする。
  5. 成長マインドセットを叩き込む。

以下の参考文献を基に書いています。

 

努力を続ける才能とは?

努力を続ける才能とは?

 

それではさっそく、努力を続ける才能の正体について紹介します。

努力を続ける才能は成長マインドセット

 

結論から申し上げると、努力を続ける才能とは成長マインドセットのことを指します。

 

なぜなら、成長マインドセットを身につけることで自然に努力できるようになるからです。

 

成長マインドセットとは?

 

そもそも成長マインドセットって何やねんと思われた方もいらっしゃるかと思います。

 

成長マインドセットとは、自分の才能や能力は努力やテクニックで伸ばせるという考えを指します。

こちらの動画でDaiGoさんが非常にわかりやすく解説してくださっています。

 

ずばり成長マインドセットを身につけると、

  • なんでも試してみようとする。
  • チャレンジをいとわない。
  • 困難に柔軟に対応できる。

ということが可能になっていきます。

 

一方で努力をなかなか続けられない人は、硬直マインドセットが身についています。

 

硬直マインドセットとは、人間の基本的な性質や能力、知性は変えられないという考え方の持ち主で、努力をしても意味がないと捉えています。

 

努力がなかなか続かない人の特徴として、硬直マインドセットのせいで努力をしても無意味だと考えてしまうことがあげられます。

 

過去の僕もそうでした。

結局才能がある人が成功する世の中じゃん。

ポンコツは努力しても意味ないじゃん。

と思っていました笑

 

成長マインドセットはそんな僕の行動を変えてくれました。

 

成長マインドセットを持つメリット

 

成長マインドセットを持つといいことが3つあります。

 

それは

  • 失敗を恐れない
  • 挑戦回数が増える
  • 成功回数が増える

です。

 

まず、成長マインドセットを身につけることで失敗を恐れないようになります。

 

失敗を重ねることで成功へのデータが集められることを理解しているので、失敗を受け入れられるようになります。

 

次に、挑戦回数が増えます。

 

なかなか挑戦できないのは失敗を恐れるからですが、失敗も経験にしてしまうのでどんどん挑戦できるようになります。

 

最後に、成功回数が増えます。

 

挑戦回数を増やすことで必然的にデータが増えてきますので、成功する確率もだんだん上がってきます。

 

このように、成長マインドセットは自然と努力量を上げてくれます。

 

そんなに上手くいくわけないよ!と思われるかもしれませんが、安心してください。

 

努力を続ける才能は今からでも十分に鍛えることができます。

 

努力を続ける才能とは成長マインドセットであり、成長マインドセットを身につけることで努力が癖になる。

 

努力を続ける才能の鍛え方

努力を続ける才能の鍛え方

 

ここまで努力を続ける才能は成長マインドセットが大事だよーという話をしてきたわけなんですが、実は成長マインドセットは鍛えられるということが明らかになっています。

 

というわけでここからは、努力を続ける才能の鍛え方を5つのステップで紹介します!

努力を続ける才能の鍛え方①才能ではなく努力をほめる

 

まず、自分の能力ではなく努力を褒めるようにしましょう。

 

なぜなら、能力を褒めてしまうと硬直マインドセットが定着してしまうからです。

 

点数を褒める親

 

皆さんは今までに勉強で努力したことを褒められたことはありますか?

 

あなたの勉強への姿勢が良かった。

いつもより問題集をこなす量が多かった。

早くからコツコツ進めていた。

という風に、点数に至るまでの過程を褒められた人は少ないと思います。

 

一方で結果について何か言われたことは多いですよね。

 

なんでこんなに点数が低いの?

今回は点数が良かったね。

などなど、褒められたとしても点数が良かったときに限ります。

 

実は能力や結果を褒められるのは、人間の努力へのモチベーションを下げてしまいます。

 

例えば、小学5年生を対象にした実験では、頭の良さを褒められた子供は結果にこだわるようになり努力の過程に注目しなくなるということがわかっています。

 

どうせ結果しか見られないし。

頑張っても評価されないし。

と考えてしまってコツコツ続けることをやめてしまうわけです。

 

過程を褒めてあげよう

 

子どもだけでなく自分にもこれが当てはまります。

 

結果や能力にフォーカスしてしまうと、どれだけ頑張っていても報われない感じがしますが、積み重ねた努力に注目すれば自分の成長を感じることができます。

 

自分は毎日コツコツやっている。

今は少しずつ勉強ができている。

練った対策がうまくいったな。

という風に、自分の試行錯誤を認めてあげましょう。

 

確かに、自分で自分のことを褒めるのは違和感があるかもしれません。

 

しかし、自分に厳しくしてもあまり意味がありません。むしろ、自分を認めてあげられる人のほうが努力できたりします。

 

はじめは違和感があるかもしれませんが、自分の努力を褒めてあげましょう!

 

努力を続ける才能の鍛え方①結果や能力ではなく過程を褒める。

 

努力を続ける才能の鍛え方②努力と結果を結びつける

 

次に、努力と結果を結び付けましょう。

 

なぜなら、やはり結果は無視できないからです。

 

結果は出なくていいわけではない

 

先ほど、能力や結果ではなく自分の努力を褒めましょうという話をしました。

 

すると、努力していたら結果は出なくていいの?と思う方もいるかもしれません。

 

確かに努力をすること自体が大切なことですが、いつまでも結果がでない努力ほどモチベーションを保つのが難しいことはありません。

 

なので、良い結果が出たときは自分を称賛してあげるといいです。

 

行動や工夫ゆえの結果である

 

結果の味方にもポイントがあります。

 

それは「自分の努力が良い結果に結びついた」という認識です。

 

良い結果が出たときに、

運が良かったんだ。

たまたまできたんだ。

と自分の努力以外の側面に目を向ける人は多いです。

 

しかしそこは、自分の努力や工夫によって成果が出たと認識しましょう。

 

何がうまくいった要因なのかを分析することも成功確率を上げる大事な作業になります。

 

確かに、自分の努力や戦略のおかげでうまくいったとは思えないこともあるでしょう。

 

しかし、自分ではなかなか気づかないような変化を加えているかもしれません。

 

自分の努力や工夫が良い結果に結びついたことを認識しましょう!

 

努力を続ける才能の鍛え方②自分の努力や創意工夫が結果にどのような影響を与えたのか考える。

 

努力を続ける才能の鍛え方③失敗を受け入れる

 

そして、失敗をしたときも素直に受け入れるようにしましょう。

 

なぜなら、努力が必ず報われるわけではないからです。

 

自分に厳しすぎる

 

失敗したときに自分を責めてしまう人は多いですよね。

 

なんで自分は失敗してしまったんだ。

結局努力したのに意味ないじゃないか。

と失敗したことを引きずりがちです。

 

一方で失敗をスルーする人もいます。

 

これくらいなら失敗じゃない。

自分の能力はこんなもんじゃない。

本気はまだまだ出してないよ。

と失敗したことを認めない人もいます。

 

どちらも硬直マインドセットを定着させる考え方ですので、両方だめです笑

 

失敗したことは素直に受け入れましょう。

 

失敗は学びである

 

失敗はダメなことだと捉える人もいますが、実は失敗ほど学びが得られることはありません。

 

例えば、模試で分からなかった問題を復習することが一番身に付きますよね。

 

つまり、失敗は自分にとってプラスの要因でもあるというわけです。

 

確かに、失敗をプラスに生かすのは難しいと思う人もいると思います。

 

全員がポジティブではないですからね。

 

そんな皆さんにオススメなのは、失敗をそのまま受け入れることです。

 

自分を批判するわけでもなく失敗を流すわけでもない。

ただ失敗したことを捉えて次に生かす方法を考える。

 

これだけでも努力を続ける才能は鍛えられます。

 

失敗したときは一旦受け止めて次に生かす努力をしてみましょう!

 

努力を続ける才能の鍛え方③失敗したときは自分を責めず素直に受け止める。

 

努力を続ける才能の鍛え方④ゴールに正しく向かう

 

さらに、行っている努力をちゃんとゴールに向かうようにしましょう。

 

なぜなら、少しでもゴールに近づいているという感覚が人間のモチベーションを高めてくれるからです。

 

やみくもに頑張っても意味がない

 

ここまで努力は大事だよーという話をしてきたのですが、ただやみくもに努力しているだけではモチベーションの低下につながります。

 

例えば、

テストでいい点数を取りたいのにテキストを読んでいるだけ。

野球でホームランを打ちたいのにキャッチボールするだけ。

仕事で成果を出したいのにメールチェックをするだけ。

自分の成し遂げたいことに対する正しい努力でなけば時間の無駄になります。

 

なので、正しいゴールと正しい努力を行うことが大切です。

 

進捗を把握する

 

そこで、自分が前に進んでいるかを把握できる仕組みを作るのがオススメです!

 

例えば、

1か月後の試験本番までに1週間ごとで模試を受験する。

ランニングで早く走るためにアプリで記録を計測する。

仕事で成果を上げるためにアタック件数を数える。

という風に、自分の成し遂げたいことに対する進捗度がわかる方法を取り入れましょう。

 

僕の場合ですと、ブログのPV数が進捗度合いを示してくれています。

 

目標とするPVに対して現在はどれくらいの数値が出ているかを見ることで、前に進んでいる感覚を得ることができます。

 

また少しずつですが着実に数字が伸びているので正しい努力ができていることを実感しています。

 

確かに、努力の成果が出ているかはわからないという人もいると思います。

 

実は、人間は嘘でもいいから前に進んでいる感覚を作ることでモチベーションが上がるということもわかっています。

 

つまり、自分の中で少しでも前に進んでいればいいわけです。

 

自分の中に少しでも前進を感じられる要素を取り入れてみましょう!

 

努力を続ける才能の鍛え方④正しいゴールに対して正しい努力を行い少しでも前進する。

努力を続ける才能の鍛え方⑤成長マインドセットを叩き込む

 

最後に、常に成長マインドセットを頭にいれておいてください。

 

なぜなら、人は無意識にでも硬直マインドセットを発揮するからです。

 

みんな使い分けている

 

多くの人は場面によって2つのマインドセットを使い分けます。

 

例えば、仕事の面では硬直マインドセットなのに趣味のことになると成長マインドセットになる人がいます。

 

そのため、常に成長マインドセットであることを心掛けることが大切です。

 

努力を続ける才能の保ち方

 

オススメは、常に自分の行動や考えに対してを問いかけをすることです。

 

例えば、

今の考え方は成長か?硬直か?

努力を続けられるマインドになっているか?

才能や能力に頼ってはいないか?

という風に、硬直マインドセットになっていないかを確認することがポイントです。

 

確かに、今の自分がどちらのマインドセットでいるかどうかを把握するのが難しいという人もいるかもしれません。

 

なので初めは、自分が努力に注目しているか、結果を見ているかだけでもいいので、自分のマインドセットを観察してみましょう!

 

慣れてくると成長マインドセットがいつの間にか身についています。

 

努力を続ける才能の鍛え方⑤硬直マインドセットになっていないかを定期的に観察する。

 

努力を続ける才能まとめ

努力を続ける才能まとめ

 

ここまで、努力を続ける才能は5つのステップで鍛えられるよーという話をしました!

復習します。

努力を続ける才能の正体とは?

成長マインドセット…人間の能力は努力やテクニックによって変えられるとい考え方

努力を続ける才能を鍛える5つのステップとは?
  1. 才能ではなく努力を褒めるようにする。
  2. 努力と結果を結びつける。
  3. 失敗をそのまま受け入れる。
  4. ゴールに向かって正しい努力をする。
  5. 常に成長マインドセットを心掛ける。

ということでした!

 

いかがだったでしょうか。

 

努力を続ける才能がないと悩んでいる人は多いと思います。

 

僕もその一人でしたが、成長マインドセットを意識することで努力が自然にできるようになりました。

 

そんな簡単に変わるわけないよ!と思われるかもしれませんが、「どんなにポンコツでも努力で成長できる!」と信じられることは大きな強みになります。

 

もしかすると三日坊主の自分を責めることもあるかもしれませんが、徐々にでいいので努力を続ける才能を磨いていきましょう!

 

皆さんが努力を当たり前のようにできる未来になることを祈っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
よぴお。
本を読んだり新しいことに挑戦したりするのが好きで、頭の回転が遅い22歳です。サラリーマンやってます。週に1回、誰かの悩みを解決するためにブログを始めました。