食事

【危険】ジュースの飲み過ぎが体に悪い3つの理由。【解決策あり】

【危険】ジュースの飲み過ぎが体に悪い3つの理由。【解決策あり】

この記事はこんな人にオススメです!

・ジュースを毎日飲む人!

・ジュースが大好きな人!

・ジュースを飲み過ぎな気がする人!

この記事では、ジュースを飲みすぎるデメリットとその解決策を紹介します。

 

皆さんは、ジュースをよく飲みますか?

 

世の中にはたくさんのジュースがありますよね。

 

コーラ、オレンジジュース、ソーダなどなど挙げるときりがありませんが、どれもおいしいものばかりです。

 

おいしいのでついつい飲んじゃいます。

 

しかし、ジュースの飲みすぎが体に悪すぎっていう研究があったので紹介したいと思います!

 

【危険】ジュースの飲み過ぎが体に悪い3つの理由。【解決策あり】

【危険】ジュースの飲み過ぎが体に悪すぎる3つの理由。

 

本記事の内容はこちら!

ジュースを飲み過ぎるデメリット

①モチベーションの低下。

②病気や肥満のリスク上昇。

③たんぱく質のメリットを打ち消す。

ジュースの飲み過ぎをやめる方法

①頻度を徐々に減らす。

②逆にジュースを義務化してみる。

 

本記事は以下の参考文献を基に書いています。

 

それでは、ジュースの悪影響を一つずつ紹介します。

①ジュースを飲み過ぎるとモチベーションが低下する

 

まず、ジュースを飲む習慣がついている人が飲むのをやめると禁断症状がでることがわかっています。

 

カルフォルニア大学の研究

 

カルフォルニア大学の研究では、13歳から18歳の若者25人を対象に実験を行いました。

 

まず、被験者に5日間だけ砂糖入りの一般的な清涼飲料水を飲んでもらい、その後3日間は水か牛乳に切り替えてもらいました。

 

ジュースを飲むことをパタリとやめてしまうわけです。

 

結果どうなったかというと被験者には、

・気分の悪化

・集中力の低下

・モチベーションの低下

が見られたそう。

 

つまり、ジュースを飲みすぎていると飲むことをやめたときにやる気を失うなどの禁断症状がでてしまうということです。

 

この実験ではサンプル数が少ないのであくまで可能性の範囲ですが、毎日ジュースばっか飲むのはやめたほうがよさそうですね。

 

デメリット①飲まないとやる気がでない体になる。

 

②ジュースを飲み過ぎると病気や肥満のリスク上昇

 

次に、ジュースは様々な病気や肥満のリスクを上げることが分かっています。

 

ハーバード大学の研究

ハーバード大学は、過去に行われた大量のソフトドリンクに関する実験を精査しました。

この実験のソフトドリンクとは、炭酸飲料やスポーツドリンク、フルーツジュース、エナジードリンク、砂糖入りコーヒーを指します。

 

研究の結果、1日に1~2本のソフトドリンクを飲むだけで

・糖尿病の発症率が26%アップ

・脳卒中のリスクが16%アップ

・肥満のリスクが1.6倍もアップ

・心臓病による死亡率が35%アップ

することがわかったそう。

 

これはジュースに含まれる果糖ブドウ糖液糖が原因で、果糖の摂りすぎが肝臓へダメージを与え中性脂肪や脂肪肝の原因になり、心臓病や糖尿病が起きやすくなるということです。

 

さらに研究者によると、ジュースは飲んでも満足感が得られないわりにカロリーをたくさん摂ることになるので、ジュースを断つことはシンプルで効果の高いダイエットになりうるそう。

 

1日2本でもこんなにリスクがあることに驚きました笑

 

やはり飲みすぎには要注意ですね。

 

デメリット②飲み過ぎると病気のリスクが高くなる。

 

③ジュースの飲み過ぎはたんぱく質のメリットを打ち消す

 

最後に、食事のときにジュースを飲むとたんぱく質のメリットが打ち消されるということが示唆されています。

 

アメリカ農務省の研究

 

アメリカ農務省は27人の男女を対象に実験を行いました。

 

まず参加者を二つのグループに分けます。

①低たんぱく食グループ(1日の総カロリーの15%をたんぱく質にする)

②高たんぱく食グループ(1日の総カロリーの30%をたんぱく質にする)

 

そして、人工甘味料入りドリンクか砂糖入りドリンクのどちらかを120㎉飲みました。

 

その結果わかったことは、

・砂糖入りドリンクを飲むと脂肪の燃焼が8%下がる

・低たんぱく食のときは7.2gほど脂肪が燃えにくくなる

・高たんぱく食のときは12.6gほど脂肪が燃えにくくなる

・人工甘味料よりも砂糖のほうが脂肪の燃焼レベルを下げる

・食欲を左右するのはたんぱく質の量でジュースは関係ない

ということがわかりました。

 

つまり、ジュースはたんぱく質のメリットを打ち消す可能性が高いということです。

 

ご飯を食べるときくらいは水かお茶で食べましょう笑

 

デメリット③たんぱく質のメリットを打ち消す。

 

ジュースの飲み過ぎをやめる方法

ジュースの飲み過ぎをやめる方法

 

ここまで、ジュースの飲み過ぎは体に悪すぎるよ!という話をしてきましたが、それではどうすればジュースの飲み過ぎを抑えることができるようになるのでしょうか。

 

ここでは悪い習慣をやめる方法を2つ紹介します。

 

どちらか一つ選んで試してみてください!

 

一番やってはいけないこと

 

ジュースの飲み過ぎをやめる方法を紹介する前に、絶対ににやってはいけないことについて話しておきます。

 

絶対にやってはいけないこととは、ジュースを一切飲まなくなることです。

 

「え?飲まないほうがいいと言っていたのになんで?」

 

と思われた方もいるかもしれませんが、いきなりジュースを飲むのをきっぱりやめてはいけません。

 

なぜなら、必ずリバウンドするからです。

 

いきなりゼロにしない

 

この記事を読んでいる皆さんは、ジュースの飲み過ぎをやめたいと思っていることでしょう。

 

でも、これまで何度もジュースを飲まないようにしようと試みて失敗してきたではありませんか?

 

失敗する理由は単純で、いきなり無理にやめるからです。人間は大きな変化を嫌う生き物ですからやめられるはずがありません。

 

一切飲まない日が続いても一か月後にはジュースに手を出していることでしょう。

 

いきなりやめるなんて無謀なことはやめて以下の方法を試してください!笑

 

方法①頻度をコツコツ減らす。

 

飲み過ぎを抑えるために、まずは頻度をコツコツ減らしましょう。

 

ここでのポイントは、馬鹿馬鹿しいくらいコツコツ減らしていくことです。

 

週に1回は飲まない日を作る

 

一週間にどれくらいジュースを飲むかは個人差あると思いますが、毎日飲んでいると仮定して話を進めます。

 

毎日飲んでいる皆さんは、1か月間週に1回ジュースを一切飲まない曜日を作りましょう。

 

週一回だけでいいの?と思われるかもしれませんが、先ほども言ったように人間は大きな変化を嫌う生き物なので拒否反応が起こらない程度の変化を続けなければなりません。

 

そのため、週に1回やめることから始めるわけです。週に1回ならまだ我慢できそうですよね。

 

例えば、水曜日は水がついているので水を飲む日にするとかですかね笑

 

とりあえず小さな変化を意識しましょう。

 

飲まない曜日を増やしていく

 

週に1回飲まない曜日を作って、その約束を守ることができたなら徐々に徐々に飲まない曜日を増やしていきましょう。

 

毎日のジュース習慣が週6日になった人は、週5に挑戦します。週1回減らせたからと言って調子に乗ってはいけません笑

 

人間はどうしてもリバウンドしてしまう生き物なので慎重に減らしていきましょう笑

 

方法①ジュースを飲まない曜日をだんだん増やしていく。

 

方法②ジュースの飲み過ぎを義務化する

 

ジュースの飲み過ぎをやめる方法2つ目は、ジュースの飲み過ぎを義務化するというテクニックです。

 

義務化したら治らないじゃんと思われた方もいるかもしれませんが、実は義務化したほうが頻度が減っていくことがわかっています。

 

義務化された課題はモチベーションが湧かない

 

義務化によって頻度が減っていくという話に実感が湧かない人もいると思うので、学校の宿題を具体例にして説明したいと思います。

 

皆さんは、学校の宿題はやる気が出ましたか?

 

僕は出ませんでした笑

 

僕以外にも宿題はやる気が出なかった人は多いと思います。なぜやる気が出ないかというとあれは先生に義務化された勉強だからです。

 

人間は絶対これをやりなさいと決められるとそれに対するモチベーションが低くなってしまうわけです。

 

実際に研究でも、前日と同じ本数だけのたばこを毎日必ず吸うように指示された被験者は本数が減っていくということがわかっています。

 

ジュースを義務化してみる

 

それをジュースの飲み過ぎで応用します。

 

前日飲んだ分だけ必ずジュースを飲むようにしてください笑

 

今はジュースを娯楽として飲んでいるかもしれませんが、今日からは強制的にジュースを毎日飲んでください。約束です。

 

いつの間にかジュースを飲みたくなくなってくる自分に気づくと思います笑

 

方法②前日飲んだジュースと同じ量を必ず飲む。

 

ジュースの飲み過ぎまとめ

ジュースの飲み過ぎまとめ

ジュースを飲み過ぎが体に与える悪影響を紹介しました!

ジュースを飲み過ぎる3つのデメリット

①やめたら禁断症状でるかも!

②病気や肥満になりやすい。

③ご飯のときは水かお茶!

ジュースの飲み過ぎをやめる方法

①頻度を徐々に減らす。

②逆にジュースを義務化してみる。

 

僕もジュースは大好きなので、ぱったりやめるようなことはできませんがこれらの研究を見て少しずつ減らしていこうと思いました笑

 

行動に移して少しでも皆さんの生活が良くなれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

ABOUT ME
よぴお。
本を読んだり新しいことに挑戦したりするのが好きで、頭の回転が遅い22歳です。サラリーマンやってます。週に1回、誰かの悩みを解決するためにブログを始めました。