努力

【悲報】努力では天才に勝てないことが判明。じゃあ努力をする意味ってなんだろう?

この記事はこんな人にオススメです!「自分は才能ないから努力で天才に勝ちたい。」
「でも努力だけで天才に勝てるのかな。」

「努力ってなんのためにするんやろう。」

 

このような悩みを抱えている方に向けて、努力の意味について書きたいと思います。

 

本記事の内容

・努力では天才に勝てないことが判明

・努力は無意味ではない。

・天才に勝つためにはどうするべきか?

 

皆さんは、努力していますか?

 

受験や資格のために勉強をしている。

英語を話したくて英会話を習っている。

プロになりたくて練習している。

などなど、何かしら目標を持ってそれに向かって努力をしている人は多いと思います。

 

そんな皆さんを否定する気は全くありません。

むしろ僕は努力する人が大好きですし、全力で応援しています。

 

なので今回は「努力では天才に勝てない」という話をしていきますが、

「天才に勝てないから努力する意味なんてないよ」ということでは決してありませんので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

 

努力では天才に勝てないことが判明

努力では天才に勝てないことが判明

残念ながら、努力で天才に勝とうとするのは無意味です。

なぜなら、プリンストン大学の研究によって練習の質や量で成果がほとんど決まらないということがわかっているからです。

 

プリンストン大学の研究

 

プリンストン大学は、練習とスポーツの成果についてのデータ33件をまとめてメタ分析を行いました。

 

その結果、

・練習の量と質は、スポーツの成果に18%しか影響しない。

・プロの世界では1%まで影響が小さくなる。

ということがわかりました。

 

つまり、プロの世界では天才に練習で勝つことはほぼ不可能だということです。一般的に考えても練習は18%しか寄与しないので、生まれつきの天才に努力で勝とうとするのは難しいと考えられています。

 

成果に寄与する練習以外要素は、性格や筋肉の付きやすさ・身長・生まれつきの心肺機能やメンタルなど、生まれ持ったものがほとんどです。

 

皆さんも真面目に真面目に練習しても結果がでない人や練習はサボっているのにえげつない結果を出す人に心当たりがあると思います。

 

高校時代は才能の凄さを痛感しまくってましたが、練習がここまで寄与しないとは思いもしてませんでした笑

 

努力が才能に勝てないのはスポーツだけではない

これはスポーツだけでなく他の分野でも言えることが、2014年に同じ研究チームによって明らかにされています。

 

2014年に行われたメタ分析では、様々なジャンルの練習の重要性を調べました

その結果、練習が成果に影響するのは

・ゲーム 26%

・音楽 21%

・勉強 4%

・専門職 1%

ということがわかりました。

 

ゲームでも26%なことに驚きましたが、一番びっくりなのは勉強が4%だということ。

定期テストでクラスの天才に勝とうとして頑張っていた高校生の自分が見たら、テスト勉強やめちゃうと思います笑

 

「努力していれば必ず報われる」と無責任な綺麗事言ってくる人たちにこの研究を見てもらいたいですね笑

 

 

※努力が無意味なわけではない

努力が無意味なわけない

 

今回僕が伝えたいことは、

「天才に勝てないから努力する意味なんてないよ」

ということでは決してありません。

 

僕が一番伝えたいことは、他人に勝とうとする努力ではなく、過去の自分よりも成長することを目的とした努力をするべきだということです。

 

人は生まれ育った環境や遺伝子、才能、どれも違います。

全く同じ状況の人は一人もいません。

例え双子でも、全く同じ時間を過ごしている双子はいません。

 

そんな他人と全く同じ土俵で戦うことは無理です。

 

なので自分の努力は、自分が成長することを目標に行いましょう。

 

他人に勝つことではなく、あなたが頑張ること自体に意味があります。

 

天才に勝つにはどうするべきか?

才能に勝つにはどうするべきか?

努力では天才に勝てないから過去の自分に勝つための努力をしようという話をしてきたわけなんですが、とはいえ天才と勝負しなければならない場面もあるとおもいます。

 

受験勉強かもしれないし、

会社内での昇進かもしれないし、

ビジネスコンテストかもしれない。

 

人生に勝負はつきものですからね。

 

ワーキングメモリーを鍛える

そんなときにオススメなのがワーキングメモリーを鍛えることです。ワーキングメモリーとは、必要な情報を短期的に記憶し処理する能力のことをいいます。

 

ワーキングメモリーを鍛えるメリット

・集中力が上がる

・自己コントロール能力が上がる

・感情のコントロール能力が上がる

・記憶力が上がる

つまり、ワーキングメモリーを鍛えることで効率よく&コツコツ努力する力が鍛えられるということです。人生の成功につながる様々な能力が身に付きます。

 

ワーキングメモリーの鍛え方

DNB(科学的に証明された脳トレ)

DNBとは、「Dual N-Back」の略で科学的に効果が実証された脳トレゲームと言われています。

世の中の脳トレと言われたゲームのほとんどが科学的根拠のないもので、本当に脳のトレーニングになっているかは確かではありません。

しかし、1日15分間のDNBを1か月続けると、問題解決能力であるIQが5ポイントも上昇したということが明らかにされているように、DNBを続けることによってIQやワーキングメモリー・認知機能を鍛えることができます。

 

ゲーム感覚で頭を鍛えられるのでオススメです!

 

メンタリストDaiGoさんが弟さんと作ったアプリがあるのでそちらをぜひダウンロードしてみてください!

iPhoneの方はこちらからダウンロード

androidの方はこちらからダウンロード

 

今回は手っ取り早くワーキングメモリーを鍛える方法としてDNBを紹介しました。

その他にもワーキングメモリーを鍛える方法はありますのでもっと知りたい方は、

 

『脳のワーキングメモリを鍛える!』を参考にしてみてください!

 

まとめ

・天才に努力では勝てないよ!

・自分の成長に焦点を!

・ワーキングメモリーを鍛えることが成功への近道

 

今日から過去の自分に勝つために努力しましょう。

 

皆さんの考え方に少しでも変化があれば嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます!

ABOUT ME
よぴお。
本を読んだり新しいことに挑戦したりするのが好きで、頭の回転が遅い22歳です。サラリーマンやってます。週に1回、誰かの悩みを解決するためにブログを始めました。