考え方

宝くじでお金持ちになっても幸せになれない理由3選【結論:お金に幻想を抱きすぎです。】

この記事はこんな人にオススメです!

・宝くじを毎年買う人!

・お金と幸せの関係を知りたい人!

・お金があればもっと幸せだと思っている人!

※当てはまった方は最後までお付き合いください。

 

この間、宝くじを買いにきた人の行列を見ました。

多くの人が並んでいて「宝くじってこんなに売れてるんやー」と驚きました。

 

券を買うだけで大金を手にすることができるんですからこんなに嬉しいことはないですよね。

でも、果たして宝くじで大金を手にしたとしてあなたは幸せになれるんでしょうか。

 

今回は、宝くじでお金持ちになっても幸せになれない理由について書いていきたいと思います!

宝くじでお金持ちになっても幸せになれない理由3選【結論:お金に幻想を抱きすぎです。】

理由①お金と幸せの関係には限界がある

理由①お金と幸せの関係には限界がある

まず、お金と幸せの関係には限界があります。

 

もしかすると、お金はあればあるほど幸せだと考えている人がいるかもしれません。

確かにお金はあるほうがいいに越したことはないんですが、お金の量に比例して幸福度が増えていくわけではありません。

 

プリンストン大学の研究によると年収7万5000ドル(約820万円)を超えると幸福度はほとんど伸びなくなるということがわかっています。

 

つまり、年収820万円あたりまでいくとお金で買える幸せをある程度経験してしまうということです。

 

確かに、ここまでならお金と幸せには関係があると言えるかもしれません。

しかし、年収820万円は物質的な満足に過ぎません。

人生の目標が物質的な満足でいいんでしょうか。寂しい気がします。

 

限界があると分かっているのなら、幸せになるためにはお金よりも追及するものがあるほうがいいと思います。

 

理由②お金持ちになってやりたいことに幸せはそこまでない

理由②お金持ちになってやりたいことに幸せはそこまでない

次に、宝くじで当たってやりたいことに幸せはそこまでありません。

 

5億円当たったら何をする?というアンケートの結果がこちら。(→は僕のツッコミです。)

1位 将来のために貯蓄する(老後のため) 49.1%

宝くじに使うお金で貯金したほうが確実に貯まる

2位 家・マンションなど住宅を買う   42.5%

→家を変えても幸福度はほとんど変化しないという研究があります

3位 車を買う                  19.8%

宝くじに使うお金でできます

4位 世界を旅行する                 18.2%

→これは経験にお金を使うので〇

5位 家族・親戚で分ける         13.2%

→そんなことするはずないやん

6位 借金を一気に返済する       12.8%

→お金の使い方に問題ありすぎ

7位 仕事を辞め、一生働かない          12.5%

→生きがいを失います

8位 株式など投資にまわす      11.5%

→当選者は騙されやすいので要注意だけど安定的なら◎

9位 最新家電・AV機器・PCを購入する11.2%

宝くじに使うお金でできます

10位 高級レストラン、グルメの食べ歩き8.6%

宝くじに使うお金でできます

ランキング引用(https://www.asahigroup-holdings.com/company/research/hapiken/maian/201608/00602/)

 

 

このように、宝くじを当ててやりたいことというのはほとんどが宝くじを買うお金を貯めてたら実現可能なんですよね。

 

僕も自分が楽しいと感じる瞬間はあまりそこまでお金を使わなくても実現可能だったりします。

例えば、

・友達や家族とご飯を食べる時間

・好きなアーティストのライブの時間

・お笑いを見る時間

などなど、これらの時間はお金持ちでなくてもできちゃうんですよね。

 

つまり、お金を使って叶えたい願望に幸せはそこまで存在せず、むしろ今でもお金をあまり使わないことに幸せを見出すことができるわけです。

 

確かに、5億円が当たった時に明確にやりたいことがあるのならまだましです。

例えば、月へ行きたいという大きな大きな夢があるのなら5億円必要かもしれません。

 

しかし、大抵の人が大金を手にしたい理由はみんなが考える幸せを求めているだけです。

そんな誰かの基準で作れたものよりも、まず自分は何をしている時間を増やしたいのかを考えましょう。

 

それを叶える手段は宝くじで大金を当てることではないと思います。

 

理由③お金を扱う器ができていない

理由③お金を扱う器ができていない

 

最後に、いまあなたが大金を手にしたところでそのお金を賢く扱える知識がないので幸せにはなれません。

 

例えば、宝くじ3億円が当たったとすると何をしますか?

「自分なら賢くお金を使える」と思う人が多いと思います。

 

しかし、急に大金を手にすると人はちょっとした贅沢をしたくなるものです。

例えば、普段のランチで一つ上のセットを頼んだり新しい車を購入したりとお金を使うあらゆる楽しさを体験することでしょう。

そのため、お金は減る一方です。

 

賢い使い方をしたとしても減る量を少なくするだけなのでいつかは底をつきます。

 

大学生ならお年玉をもらったとき、社会人ならボーナスが入ったときのお金の使い方に近いかもしれませんね。全額貯金をするという人もいるかもしれませんが、貯金したお金はいずれ使うので結局は減る一方です。

 

しかし、お金の勉強をしていればお金を減らさずに生活することができます

例えば、投資で年利1%を実現できたら毎年300万円の不労所得を得ることができます。

年300万円あれば最低限ひとりで生きていくことはできます。

 

しかも、3億円の投資から得られる利益で生活するため元本の3億円を減らさずに生きることができます。

 

お金の知識を身に付けている人であれば、大金を扱う器があるため宝くじにあたっても不幸になりにくいわけです。

 

しかし、日本人は金融リテラシーが低いと言われておりお金の知識を身に付けている人は少ないです。

そのため、宝くじに当たったときに年利1%以上を目指して投資をしようと考える人は少数だと思います。

 

 

確かに、宝くじを買う皆さんは「自分なら絶対正しく使える」と考えていると思います。

そうじゃないと大金を欲したりしないですからね。

でも大金に見合ったお金の知識がなければお金は失っていくだけになります。

 

宝くじの当選金で幸せになりたいのであれば、大金を扱える器にする努力から始めましょう。そのうち、いつの間にか宝くじは買わなくなっていると思いますけどね笑

 

まとめ

宝くじを買う人が大金を手にしても幸せになれない理由3選

①お金で幸せを買うには限界がある

②当選金でやりたいことが幸せとは限らない

③そもそも大金を扱える技量がない

 

 

宝くじを買うことを止めるつもりはありません。

むしろ、皆さんの地方自治体への寄付金によって僕たちは恩恵を受けているくらいですから。

でも、一度宝くじを買うことが自分の人生のためになるのかを考えていただきたいとは思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

ABOUT ME
よぴお。
読書と筋トレが好きな21歳です! 本やブログでインプットした知識をアウトプットする目的で書いています。 皆さんの行動に添えられる知識の提供を目指します!