習慣

「SNSは見るだけ」はもったいない!1日たった1ツイートでも幸せになる理由とは?【アウトプットのススメ】

スマホの通知と集中力の関係まとめ

アウトプットのススメ

ミニマリストしぶさんの著書『手ぶらで生きる。』には、こんな一節があります。

 

「消費する側から、生産する側にまわる」

 

生産する側とは、SNSに動画や写真を投稿したりブログを書いてみたり、いわゆるアウトプットする人のことを指します。

 

しぶさんいわく、

  • 消費で喜びを感じていると、お金を稼ぐために時間を使わなければならない
  • 生産する側に回れば、誰かに価値を与えることで喜びを感じられる

というものです。

 

実は、しぶさんが考える通りで、

クリエイティブな活動をする人は幸福感が高いということが科学によって証明されています。

 

ということで今回は、アウトプットは人生を豊かにするよーっていう話をしていきたいと思います!

 

1日1アウトプット

 

オタゴ大学の実験では、658名の参加者に13日間日記をつけてもらい、その日行った体験や感情の変化を記録しました。

 

その結果、創作活動をする人は、次の日に【前向きな成長を実感している感覚】が増えるということがわかりました。

この前向きな成長は、ポジティブ心理学で幸福を感じる要素として重要な感覚だとされています。

つまり、クリエイティブな活動を1日1つでもすることで日々の成長を感じやすくなる結果、幸福感を感じるということです。

 

アウトプットって例えば?

アウトプットは歌を作るとか小説を書くとかでももちろんいいのですが、そんなアーティスティックなことでなくても大丈夫です!

例えば、

  • 得た知識を友達に話す
  • Twitterで情報をつぶやく
  • 料理を作る
  • インスタに写真を投稿する

などなど、思いついたことや学んだことを他人の役に立つ方法で表現することが大事です。

 

受け身の「消費活動」ではなく、能動的な「生産活動」を日常に取り入れてみましょう。

 

見るだけのSNSを「1日1ツイートつぶやく」に変えてみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

  • 生産する側に回る!
  • アウトプットで成長を感じる!
  • 他人の役に立つ表現で!

 

ブログを書いてる身としては嬉しい論文でした笑

皆さんの生活に「生産活動」が増えたら嬉しいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

 

参考文献

書籍

・『手ぶらで生きる。』ミニマリストしぶ著

Webサイト

・幸せになりたきゃ「1日1クリエイティブ」を目標に

https://yuchrszk.blogspot.com/2016/12/11.html

論文

・オタゴ大学の研究

https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/17439760.2016.1257049?scroll=top&needAccess=true

 

ABOUT ME
よぴお。
本を読んだり新しいことに挑戦したりするのが好きで、頭の回転が遅い22歳です。サラリーマンやってます。週に1回、誰かの悩みを解決するためにブログを始めました。