考え方

自分の【ミニマムライフコスト】を知ることがお金の不安を和らげる。

皆さんは、自分の【ミニマムライフコスト】を計算したことがありますか?

 

【ミニマムライフコスト】とは、作家の四角大輔さんが提唱している概念で、

「自分や家族が健康的に生活するために必要な最低限のお金」のことを指します。

 

つまり、一か月最低いくらあれば生活できるかを知っていますか?ということ。

 

これを計算していない人は多い気がします。

かなりもったいないんですよね。

なぜか。

ということで今回は、ミニマムライフコストを知るべき理由について解説していきたいと思います!

 

ミニマムライフコストを知るべき理由

 

1.お金への不安や焦りが解消される

 

自分のミニマムライフコストを理解していれば、お金から一部解放されます。

 

なぜなら、ミニマムライフコストさえ稼いでいればそれ以上稼ぐ必要がないということを理解できるからです。

 

皆さんは、こんな経験がないでしょうか。

  • 昇給したからご褒美におやつを大人買いした。
  • ボーナスが出たから普段行かないフレンチレストランを予約した。

これにまんま当てはまらなくても、給料が増えるとそれに伴って生活レベルも上がったという人は多いと思います。

 

年収1000万円も稼いでいるにも関わらず貯金がない人が存在するのは、稼いだ分だけ使っているからです。お金を稼いでも幸せになるとは限らない理由がここにあります。

 

では、ミニマムライフコストを知っているとなぜお金の不安が減るのでしょうか。

 

まず、給料の増減が気にならなくなります。

 

ある人のミニマムライフコストが10万円だったとします。

そうすると、手取りの収入が20万円でも30万円でも生活のレベルを変える必要はありません。また、もしこの人に60万円の貯金があったとするならば、失業をしたとしても6か月は生きて行くことができます。

 

つまり、ミニマムライフコストを理解することで目の前の給料の増減に左右されず仕事に集中することができ、仕事がなくなったときのリカバリーまで計算できるようになるということです。

 

だから、お金への不安が解消されることによって、新しい仕事への挑戦や勇気を持った行動をしやすくなるということです。

 

自分のミニマムライフコストを計算している人はどれくらいいるのかわかりませんが、これを計算するだけである程度の悩みは解決されると思います。

 

お金の悩みの大半は、

・貯金ができない

・お金が足りない(天井がない)

・給料が少ない

というものだと思います。

 

しかし、ミニマムライフコストを把握することで

・貯金ができない

→ミニマムライフコスト以上の収入は貯金に回せる

・お金が足りない

→本当にいくら必要かわかっていないだけ

・給料が少ない

→給料が少なくても生きていけるという安心感が得られる

ということを理解できると思います。

 

実際に、ミニマリストになる人の動画を見ていると

「月〇万で生活しました」とか

「今月の収支発表!支出はたったの〇万円!」とか

自分がいくらあれば生きて行けるかを紹介する系の動画が多いことがわかります。

 

最低限の支出を知ることがお金から解放される第一歩になります!

 

2.無駄な出費が減る

ミニマムライフコストを知ると、無駄な出費が自分の首を絞めているということを理解できるようになります。

 

例えば、交際費に1万円の予算をたてている人が、一回の飲み会で8千円つかったとすると、もうその月はあと2000円しかご飯を食べにいけなくなりますよね笑

ミニマムライフコストを知る人であれば、残りの2千円を考えて使って終わると思いますが、知らない人は気にせずさらなる交際費を充当します。そして、知る人であれば来月から突発的な飲み会はさけるようになりますが、知らない人は気にせずいつも通り参加すると思います。

 

つまり、ミニマムライフコストを知ることで無駄遣いをしないようになり、自分にとってどのようなお金の使い方が有意義かを自然と考えるようになるということです。一方で知らない人はお金のことをしっかり考える機会が少ないということです。

 

30万円自由に使っていい人と、

10万円で生活して20万円を貯金する人では、

どちらの方が賢いお金の使い方を考えるか明らかだと思います。

 

人は制限があるほうがアイデアが出やすいですから、10万円で生活する人は自分に必要なお金の使い方をするでしょう。

一方で自由に使える人は、特に気にせず散財してしまうこともあるでしょう。

 

ミニマムライフコストを計算しているかしていないかで、お金の使い方は変わるというわけです。

 

 

自分のミニマムライフコストを理解する方法

 

皆さんも自分のミニマムライフコストを理解しましょう!

 

僕は経済的に独立しているわけではないので、生きるためのコストは親が出しています。

なので、「ミニマム娯楽コスト」になるわけですが、笑

 

僕のミニマム娯楽コストは55000円です。

 

この55000円がどのようにわかったかと言うと、「固定費の把握」と「予算と検証」です。

 

固定費の把握

まず、1か月の固定費を計算します。

僕の場合は、

・ジム代6000円

・散髪代1500円

・投資信託5500円

・DaiGoさんニコ生550円

・ぬこみこ課金270円

・寄付金500円

合計14320円となります。

 

最低の最低で14320円必要だとわかります。

 

予算立て

次に、それぞれの予算立てます。

・本6000円(4冊くらい買うかな)

・交際費8000円(飲み会3回くらいかな)

・交通費5000円

・プロテイン7000円(なくなりかけてた)

・食費5000円(学食)

・予備費4000円

合計35000円

とまあこんな感じで予算を適当に(具体的数字を交えて)立ててみるわけです。

 

固定費と仮説を合計すると、約5万円になります。

つまり、5万円で一か月を過ごしてみるわけです。

 

検証

その後は、予算を検証して改善するだけです。

 

結果がこうだったとします。

・ジム代6000円

・散髪代   0円

・投資信託5500円

・DaiGoさんニコ生550円

・ぬこみこ課金270円

・寄付金500円

・本8000円(5冊買った)

・交際費10000円(飲み会5回)

・交通費3000円

・プロテイン7000円

・食費3000円

・予備費6000円

合計49820円

これで今月は5万円で生活できることが判明しました笑

 

さらにここで家計簿の問題点(交際費高い・予備費足りないなど)を見直して改善し、

改善を受けた予算を立て、

さらに検証するという繰り返しです。

 

これを繰り返した結果、僕は55000円でおさまりました笑

 

予算→検証→改善→予算…の流れをやってみて、ミニマムライフコストを計算してみましょう!

 

 

まとめ

ミニマムライフコストを知るべし

  1. お金の不安から解放される
  2. 無駄な出費が減る

ミニマムライフコストを知る方法

  1. 固定費を出す
  2. 予算を立てる
  3. 検証する→予算

ミニマムライフコストを知ることで皆さんがお金の不安から少しでも解放されることを願っています!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

参考文献

・『モバイルボヘミアン』(本田直之・四角大輔著)

ABOUT ME
よぴお。
本を読んだり新しいことに挑戦したりするのが好きで、頭の回転が遅い22歳です。サラリーマンやってます。週に1回、誰かの悩みを解決するためにブログを始めました。