趣味

【断捨離】は人生で大切にしたいモノを考えるきっかけになる。【本・健康・渡邉理佐】

この間、断捨離をしてました笑

月1回新しいことにチャレンジするというのを個人的にやっておりまして、11月はパラグライダーを体験するつもりだったんですが悪天候で中止となりまして、丁度ミニマリストしぶさんの動画にハマっていたので人生初の断捨離に挑戦してみました笑

 

断捨離をして感じたことについて書いていきたいと思います。

 

捨てたもの

実際に捨てたものの一部です。

①衣類系(30着くらい)

②集めていた本の帯(多すぎて計測不可)

③過去の相棒たち(ガラケー懐かし)

などなど、なんとなく残していたものをひたすら捨てていくという作業をしました。

いらなかったものがこんなにたくさんあったにも関わらずずっと放っておいたんだなとかなり驚きました。

何で残してたんやろうっていうものもありました笑

 

残ったもの

断捨離を経て逆に何を残したかというと、

  • 最低限の服
  • 手紙
  • ベッド
  • ピアノ
  • 欅坂推しメングッズ
  • 健康グッズ(プロテイン・カカオニブ・ココナッツオイル・日焼け止めなど)
  • ボードゲーム
  • ガジェット
  • ゴミ箱

ざっとこれくらいですねー

ミニマリストほどモノが少なくなったわけではありませんが、個人的にはかなり絞ることができました。

 

残ったものこそ大事にしたいこと

ここからは断捨離を体験して感じたことを書いていきます。

 

断捨離をして思ったことは、本当に大事にしたいモノは捨てるという選択肢すら思い浮かばないということです。

例えば、皆さんが断捨離をするとして、まず「スマホを捨てるかどうか」で悩む人は少ないと思います。なぜなら、皆さんにとってスマホはめちゃくちゃ大切だから。現代人にとってスマホは手放せない存在になっています。

 

つまり、断捨離をして残ったモノこそ自分にとって本当に大切にしたいモノだということです。逆にもし断捨離をするときに捨てるかどうか迷ったら、それは「絶対に必要なモノ」ではないということです。

 

僕の場合、本や渡邉理佐のグッズ、健康グッズは捨てるという選択肢すらありませんでした。絶対に必要なモノだと判断していたのでしょう。

つまり、断捨離をしたことでこれらが僕にとっての「お金をかけたいもの・本当に大事にしたいもの」だということがはっきりするというわけです。

しかも、今後何かを欲しいと思ったときでも、自分にとってこれは大切にしたいモノなのかという判断ができますし、一度断捨離をすると「もうモノを増やしたくない」という気持ちにもなります。

 

断捨離は部屋だけでなく心の掃除にもなるというわけですね笑

 

これからは、本・健康・渡邉理佐を大事にして生きて行きたいと思います笑

 

まとめ

断捨離をしてみた

・いらないものはたくさんある

・残ったものは本当に大事にしたいもの

・部屋だけでなく心の掃除にもなる

 

年末に大掃除をするご家庭も多いかと思われます。

今年は思い切って断捨離をしてみてはいかがですか?笑

皆さんがモノを減らすことで人生が豊かになることを願っています!

 

最後まで読んでいただいきありがとうございます!

ABOUT ME
よぴお。
本を読んだり新しいことに挑戦したりするのが好きで、頭の回転が遅い22歳です。サラリーマンやってます。週に1回、誰かの悩みを解決するためにブログを始めました。