友達

友達の人数には限界があるから大切な人と過ごすべき。【ダンバー数】

人間が付き合える人数には限界があるからこそ大切な人と過ごすべきという話。
ここにボックスタイトルを入力
  • 人間関係に受動的な人。
  • 苦手な人と過ごす時間が長い人。
  • 誘いを断れない人。

この記事を読めば、友達の人数の限界友達をちゃんと選ぶべき理由を理解することができます。

 

皆さんは知り合いが何人くらいいますか?

 

顔見知りレベルまで入れると数えきれないほどいるかもしれません。知り合いってどこからどこまでかわからないですもんね笑

 

それでは、何年かに1度でも連絡を取る知り合いは何人ほどいますか?

 

そうなるとだいぶ減るかと思います。常に連絡を取っている友達はごく一部で、1年に1回会うか会わないかくらいの人が多い感じですかね。

 

実は、研究によって人が保てる人間関係には限界があるということがわかっています!

 

ということで今回は、人間が付き合える人数について苦手な人と仲良くし続けることのリスクについて書いていきたいと思います!

 

疑問:人ってどれくらいの人と人間関係を保てるの?

友達の人数の限界とは?

結論:150人前後です。

それでは本題に参りましょう。

友達の人数の限界は150人

 

結論から言いますと、人間が付き合える人数は150人前後だということがわかっています。

 

この150人という数字を見て皆さんはどのように感じましたか?僕は「多いな!」と思いました笑

 

そんなに多くの関係を保っている感じはないなと思ったからです。

 

これは、オックスフォード大学のロビン・ダンバー博士による研究によって判明していて、実はこの150人の中には数年に1度しか会わない人も入っているそうなんです。

 

つまり、いまよくあう友達が150人というわけではなく、たまに連絡を取って会うような人間関係も含めて150人ということです。

 

そう聞くと、それくらいかなーという数字ではありますね。

 

親しい友達の人数の限界は?

 

でも実際よく連絡を取る人や仲がいいと言える人は150人もいないと思います。150人も一気にLINEしてたら頭パンクしますからね笑

 

そういう点を踏まえると、本当に親しい友達は30人から50人くらいなのではないかなと思います。メンタリストDaiGoさんは30人くらいが最適だそう。

 

僕も現在の人間関係を振り返ると、人生通して仲良くしたいと思っている親友が5人いて、誕生日にメッセージを送る人が15人くらいいて、その他数年に1回会う友達が10人くらいいるっていう感じですね。

 

そう考えると僕も30人くらいでした。もともと友達をいっぱい作れるタイプではないので、意外と多いなと思ったくらいです笑

 

皆さんも一度、自分の人間関係の大きさを視覚化してみるのもいいかもしれませんね!もしかすると久しぶりに会いたくなる人が出てくるかもしれません。

知識:脳機能的には150人。身近な人は30人から50人くらい。

 

友達の人数には限界があるので

苦手な人と付き合うリスク

とまあここまで、150人くらいの人と関係を保てるよーという話をしたわけなんですが、なぜこんな話をしたかというと、友達の人数には限界があるから苦手な人と関係を保つときは注意しようということを書きたかったからです。

 

友達の人数には限界があるのに

 

どういうことかというと、付き合える人の数に限界があるということは、苦手な人と関係を保つ=大切な人を入れる枠を一つ失うということなんです。

 

皆さんにも信頼できる人がいると思います。

家族かもしれない

小中学・高校・大学の友達かもしれない

部活や仕事の先輩かもしれない

とにかく一緒に過ごしたいと思える人がいると思います。

 

人間関係が幸せに超重要なのは明らかですし、できれば人生においてこの人たちと過ごす時間を増やしたいですよね。苦手な人と過ごす時間を極力減らしたいはずです。

 

でも、50 人の中に苦手な人がいると、あなたが一緒にいたいと思える人を一人失うことになります。

 

たった50の枠しかないと考えたら、

  • 苦手な人を加えて時間を無駄に費やすか
  • 大切な人を入れて幸せな時間を積極的に作るか

どちらが自分にとってプラスになるかは明確ですよね。

 

一緒にいたいと思える人との時間を過ごすためにも、付き合いを保てる人間関係には限界があり自分で選んでいかないとどうでもいい人で埋まってしまうということを頭の片隅にいれて頂けたらなと思います。

 

確かに、人間関係を選ぶなんて失礼だ!と思う方もいるかもしれません。しかし、人が死ぬときに後悔する5つのうち、一つが「親しい友達と疎遠になったこと」があげられています。

【人生の後悔トップ5】死ぬときに後悔することが他人事ではない件。
【人生の後悔トップ5】死ぬときに後悔することが他人事ではない件。 皆さんは人生の終わりにどんなことを後悔しそうですか? そんなこと考えたことがないという人がほと...

多くの人は、大切な友人と連絡を取らなかったことを後悔してこの世を去ります。この人生の先輩方からの大切な教えを無下にするわけにはいきません。

 

後悔するとわかっているのなら、生きているうちにそれに対する行動を取ればいいだけです。

 

皆さんが死ぬときに「あいつと会っとけば良かったな」と後悔しないためにも、普段から大切な人で50人を埋め尽くしましょう。

行動:50人の大切な人との関係を築き続ける。

 

友達の人数の限界まとめ

友達の人数の限界まとめ

ここまで、友達の人数の限界についてと、大切な人と過ごすべきという話をしてきました。

復習します。

人間が保てる友達の人数の限界とは?

脳機能的には150人だけど、親しい人は30人から50人くらいが実情

あなたがやるべきことは?

50人の中にあなたの大切な人を入れよう。

ということでした!

 

苦手な人のために費やす時間や労力を減らしていきましょう。そして、50人の大切な人のために皆さんの人生を使いましょう。

 

人はどうしてもネガティブな情報に注意が向きがちですが、その分だけ好きな人と関わる時間と労力が失われています。普通に考えてもったいないですよね笑

 

僕は苦手な人に注意が向いてしまうのが本当に嫌なので、無関心でいることを心掛けています。

 

苦手な人にリソースを浪費するよりも、好きな人に全力で投資したほうが間違いなく楽しいです。積極的に人間関係を自ら選択していきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

ABOUT ME
よぴお。
本を読んだり新しいことに挑戦したりするのが好きで、頭の回転が遅い22歳です。サラリーマンやってます。週に1回、誰かの悩みを解決するためにブログを始めました。