集中力のない人が不足しがちなものとは?【コンビニで買えます。】

集中力のない人が不足しがちなものとは?【コンビニで買えます。】

この記事はこんな人にオススメです!

・自分は集中力がないと悩んでいる。

・集中力がない人の特徴を知りたい!

・集中力を手軽に改善する方法を知りたい!

この記事では、集中力がない人に不足しがちなものについて紹介します。

 

皆さんは、集中するのが得意ですか?

 

勉強や仕事ではいつも集中しなければならないと思います。

 

先生の話を聞いていないと授業についていけないし。

気を逸らしていると先輩に仕事の進捗がないと怒られるし。

 

永遠の集中力って欲しいですよね笑

 

そんなものあるわけないですが、できる限り高い集中力は維持したいものです。

 

しかし、集中力はあるものが不足するだけで低下してしまいます。

 

その‘あるもの’とは、皆さんが意外と見落としがちなものです。

 

今回は、集中力がない人がいつの間にか不足しているものについて書きたいと思います!

 

集中力のない人が不足しがちなものとは?【コンビニで買えます。】

集中力のない人が不足しがちなものとは?【コンビニで買えます。】

 

集中力のない人が不足しがちなものを紹介します。

本記事の内容はこちら

・集中力のない人が不足しがちなものとは?

・水を飲めば記憶力と注意力が上がる!

・集中力がない人に贈る簡単なアドバイス

 

本記事は以下の参考文献を基に書いています。

20分で頭が良くなる受験生が飲むべき飲み物

・『自分を操る超集中力』

 

集中力のない人が不足しがちなものとは?

 

さっそく結論ですが、集中力がない人が不足しているものとは、、、

 

です。

 

めちゃくちゃ身近な存在でありながら意外と見落としがちな水分くんです笑

 

研究によると、体の水分が不足すると注意力や集中力が低下するということがわかっています。

 

水不足と注意力の研究

 

イースト・ロンドン大学とウェストミンスター大学の研究によると、知的な作業をする前に500mlの水を飲んだグループと飲まなかったグループとでは、反応時間に14%も違いが出るということがわかっています。

 

さらに、体から2%の水分を失っただけで一気に集中力が低下することもわかっています。

 

つまり、水分が少しでも少なくなってしまうと集中力が下がっていくということです。

 

この水不足の影響は年齢を重ねるほど大きくなるので、年齢を重ねるごとに水の重要性が増してきます。

 

誰しもが若いときよりもより頻繁に水分補給をする必要がありますね。

 

意外とないがしろにされがちですが、水を飲むことを面倒くさいと思ってはいけないです笑

 

水不足を解消すると集中力と注意力が上がる

 

先ほどは、体の水分が不足すると集中力が下がってしまうよという話をしてわけなんですが、逆に考えるとこまめに水を摂る習慣を身につけることで集中力が改善するということです!

 

研究によって、水分を摂取すると20分経ったころに注意力や集中力が上がるということがわかっています。

 

水分摂取と集中力に関する研究

 

水分の摂取量が脳にどのような影響を与えるのかを調べるために、被験者を三つのグループにわけました。

 

1.25ミリリットルの水を飲むグループ

2.300ミリリットルの水を飲むグループ

3.水を飲まないグループ

そして、20分ほど休憩してから全員に注意力と記憶力をはかるテストを行いました。

 

その結果、水がいかに重要かがはっきりとわかりました笑

 

研究の結果は以下のようです。

注意力編

・のどが渇いていないときでも水を飲めば注意力が上がる。

・25mlを飲むと12%向上する。

・300ml飲むと23%向上する。

・逆に水を飲まないグループは1%低下する。

 

記憶力編

・25ml飲むと2%向上する。

・300ml飲むと6%向上する。

・水なしの場合は1%低下する。

ということがわかりました。

 

つまり、水を飲むことで注意力や記憶力を上げることができるということです!そして、水を長い間飲まなければ人間の認知機能は徐々に低下していくということです。

 

10数パーセントなんて小さな違いと思う人もいるかもしれませんが、ただ水を飲むだけでこんなに改善されるって考えるとやらない手はないですよ笑

集中力がない人に贈る超簡単なアドバイス

 

ここまで、体の水分が不足するデメリットと水を補給する大事さについて書いてきました。

 

ここで、集中力がないと悩んでいる皆さんに超絶簡単なアドバイスを紹介したいと思います笑

 

こまめに水を飲む

 

こまめに水を飲んでください!

 

「いや、当たり前のこと言うなよ笑」

 

と思われるかもしれませんが、過去の記事でも言ってきたようにわかっているのと実践しているのとでは雲泥の差があります。

 

実際に、集中しているときや勉強しているときはついつい水を飲まずに頑張ってしまうという人は多いと思います。気づいたら昼休憩まで水を飲んでいないこともあるかもしれません。

 

なので、これからは意識して水を飲むようにしましょう!

一口ずつでいい

 

確かに、水をたくさん飲んだ方がいいよ!と言われても「そんなに飲めないよ。」と思いますよね。

 

そんな皆さんは、水を一口ずつ飲む休憩をこまめに取ることをオススメします。

 

なぜなら、一口ずつ飲むと人間はもっと飲みたくなるということがわかっているからです、

 

のどの渇きに関する研究

 

のどの渇き方について調べた研究では、水を飲まない場合は6%しか飲みたいという欲求が上昇しないのに対し、水を25ml飲んだ場合は20分後にのどの渇きが11%上昇するということがわかっています。

 

つまり、一口ずつ飲むことで水を飲みたくなる環境を作り出せるということです。

 

少しずつ飲めば飽きずに水分補給ができます。一気に飲む必要はありません。

 

飲み過ぎたらおなかタプタプになるので注意です笑

 

20分おきくらいがベスト

どれくらいの水を飲めばいいかというと、20分に一回一口の水を飲むのがベストだと考えられています。

 

でも、そんなに休憩をとっていると仕事場でサボっていると思われるかもしれないので、それが嫌だと思う人は1時間から2時間に一回くらいのペースで水休憩を取りましょう!

 

水不足を集中力で感じる

 

僕も働き出して実感したことですが、水をあまり飲めていなかった日は集中力が下がっているなと思うことがあります。

 

それからというものは、意識的に水を飲むようにしています。

 

のどが渇いたと思ったときにはすでに水不足になっているので、のどが渇いていなくても定期的に水を飲むようにしましょう!

 

集中力のない人が不足するものまとめ

集中力のない人が不足するものまとめ

集中力がない人が不足しがちなものについて紹介しました!

・水が不足すると集中力が低下する。

・こまめな水分補給が認知機能を上げる。

・定期的に水を飲みましょう!

 

今回は、水はこまめに飲んだ方がいいよという非常に当たり前の話でした笑

 

もしかすると情報の薄さにがっかりさせてしまったかもしれません。

 

しかし、普段から十分な水分をとっている人は少ないと思います。

 

逆に考えるとこんな簡単にできる集中力対策はないと思います笑

 

水ならコンビニでも自動販売機でもスーパーでもAmazonでも買えるので、変に栄養ドリンクに高いお金を払うなら水を多めに買った方がいいかもしれませんね笑

 

定期的な水分補給で、皆さんの集中力が向上することを祈っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!