増やし方

【投資はギャンブル】ってほんと?投資とギャンブルの明確な違いについて解説します。

皆さんは、投資とギャンブルの違いについて考えたことはありますか?

考えたことないよーという人がほとんどだと思います。

 

なんなら、【投資ってギャンブルじゃないの?】みたいなイメージを持っているかもしれませんね笑

「投資はギャンブルだから絶対にやったらダメだよ!」ってマネーリテラシーが低い人から注意された経験がある人もいると思います。

 

はっきり言いますが、投資とギャンブルは全く別物です。

一緒にしないでください笑

 

今回は【投資はギャンブル】なんて二度と言わないように、投資とギャンブルの違いについて解説していきたいと思います。

 

投資とギャンブルの違いとは?

 

結論から述べますと、

ギャンブルはゼロサムゲーム・マイナスサムゲームであり、

投資はプラスサムゲームであります。

 

どういうことか詳しく説明していきます。

 

ゼロサムゲーム

まず、ゼロサムゲームとは何なのか。

ゼロサムゲームとは、参加者の利益の合計がゼロになるゲームのことを指します。

 

例えば、自分が100万円をゲットしたときは誰かが100万円を損しています。

+100万円【自分の利益】+(-100万円)【誰かの損失】=0

つまり、一方の利益は他方の損失になるということです。

 

マイナスサムゲーム

次に、マイナスサムゲームとは、参加者の利益の合計がマイナスになるゲームのことを指します。

 

例えば、自分が99万円をゲットしたときは、誰かの損失が100万円でそこから胴元が1万円を徴収しています。

99万円【自分の利益】+(-100万円)【誰かの損失】=マイナス1万円

つまり、誰かが上げる利益以上の損失が生まれるゲームをマイナスサムゲームといいます。

 

ギャンブルは、このゼロサムゲームまたはマイナスサムゲームに当たります。

 

ここでは宝くじを例に挙げます。

宝くじの当選金は、宝くじを買った人からの売り上げから払われています。

しかし、当選金=売上ではありません。

なぜなら、売り上げの一部は地方自治体や運営費に使われるからです。

つまり、【当選金=売上-運営費】となり

宝くじはマイナスサムゲームであるということがわかります。

 

このように、ギャンブルはゼロサムゲームまたはマイナスサムゲームであり、

自分の利益は誰かの損失の上に成り立つので、他人に勝たないと自分が利益を得ることができません。

 

プラスサムゲーム

それでは、プラスサムゲームについて解説します。

 

プラスサムゲームとは、参加者の利益の合計がプラスになるゲームのことを指します。

 

例えば、長期保有する株式投資がこれにあたります。

株を買って会社の一部を所有するとします。

企業は資金を得ることができます→プラス

株主は配当や優待を得ることができます→プラス

国は税金を得ることができます→プラス

従業員は給料を得ることができます→プラス

このように、プラスサムゲームではみんなの利益の合計がプラスになります。

つまり、誰とも競う必要がないということです。

 

投資はプラスサムゲームに当たり、ギャンブルとは大きな違いがあるということです。

一緒ではないということがこれでご理解いただけたかと思います笑

まとめ

  • ギャンブルはゼロサムゲームまたはマイナスサムゲームである。
  • 誰かが損することで自分が利益を得ることができる。
  • 投資はプラスサムゲームである。
  • みんなの利益に繋がるから誰とも競う必要がない。

 

今回は、誤解されがちな投資とギャンブルの違いについて解説しました!

投資はギャンブルだなんて二度と言わないでくださいね笑

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

ABOUT ME
よぴお。
本を読んだり新しいことに挑戦したりするのが好きで、頭の回転が遅い22歳です。サラリーマンやってます。週に1回、誰かの悩みを解決するためにブログを始めました。