友達

【意外】必要なのは〇〇時間!?コミュ障でもできる親友の作り方とは?

親友

皆さんには、親友と呼べるような関係の友達がいますか?

 

人によって親友の定義が違うので、皆さんが「いる!」と考えるのならそれは間違いなく親友です笑

 

では、その親友たちとどうやってそこまで仲良くなったか覚えていますか?

  • 趣味が合う
  • 一緒に努力した
  • 気が合う

などなどいろんな要素が奇跡的に合致したからこそ、長く一緒に居られているのだと皆さん思いますよね?

 

 

しかーーーーーし、

 

研究によって、親友を作るためには一緒にいる時間を長くすればいいよ!ということがわかっています笑

しかも、目安として何時間以上一緒にいればいいかということまでわかっているんです笑

 

ということで今回はその研究を中心に、【コミュ障でもできる親友の作り方】について書いていきます!

 

親友を作るのに必要な時間

カンザス大学は429人の「過去6か月の間に引っ越して新しい人間関係を作った人」を集め、調査を行いました。

それは参加者に「新しい知り合いとの関係性はどう変わりましたか?」と定期的にアンケートし、新しい友人と過ごす時間とどれくらい仲が深くなるかを分析するというものでした。

 

その結果、以下のことがわかりました。

  • 平均50時間会えば、カジュアルな友人
  • 平均90時間会えば、気の合う友人
  • 平均200時間会えば、親友

 

つまり、200時間以上会う時間を作ると親友を作ることができるということです。

200時間ってことは、

  • 2時間会うのを100回
  • 4時間を50回
  • 10時間を20回

あんまりどれくらいかピンとこないですね笑

 

200時間経つだけでいいの?

 

しかし、どんな人でも200時間一緒にいれば親友になれるわけではありません。

例えば、学校のクラスメートとは200時間以上過ごしても、クラス全員が親友になったわけではないように、環境のせいで会わなければならない人間関係はこれに該当しません。

 

逆に、「選択的人間関係」と呼ばれる自分の意思で会う人であればこの時間は適用されます。

つまり、自分が仲良くなりたい人を積極的に誘って、意図的に長い時間過ごすようにすればいいということですね笑

 

 

会話が苦手な人でも大丈夫

 

自分はコミュ障だと思っている人の中には、仲良くなりたい人を誘っても会話が続くかどうか心配だという人もいると思います。

 

しかし、この実験では、一緒に過ごす間にどのくらい話したかということは親密さと関係がなかったということがわかっています。

 

つまり、無理に話す必要もないということです。

むしろ無理に話さなければならない人間関係は200時間も続かないですよね笑

心地の良い人間関係を見極めるのにも200時間は十分だと思います!

 

 

まとめ

親友を作る方法とは、

  • 一緒に居たい人との時間を長くする!
  • 200時間を目安!
  • 口下手でも大丈夫!

 

親友って勝手にできるわけではなく、自分の意思が必要だということを実感しますね。

 

でも、200時間っていつの間にか超えているもんだと思います笑

一緒に居たいと思う人は、ほっといても勝手に誘いたくなると思うので笑

あくまで目安にしておくくらいが丁度いいかもですね!

 

皆さんの友達作りの参考になれば嬉しいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

参考文献

Webサイト

親友になるのに何時間かかるか判明

https://daigoblog.jp/time-closefriend/

論文

カンザス大学の研究

https://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/0265407518761225?journalCode=spra

 

ABOUT ME
よぴお。
本を読んだり新しいことに挑戦したりするのが好きで、頭の回転が遅い22歳です。サラリーマンやってます。週に1回、誰かの悩みを解決するためにブログを始めました。