努力

完璧主義の人ほど中途半端になる3つ理由【結論:失敗を計画しよう】

完璧主義の人ほど中途半端になる3つ理由【結論:失敗を計画しよう】
この記事はこんな人にオススメです!
  • 自分を完璧主義だと思う人。
  • いつも中途半端になっちゃう人。
  • でも最後まで完璧にやり切りたい人。

この記事を読めば、完璧主義な人が中途半端で終わる3つの理由最後までやり切る2つの方法を理解することができます。

 

皆さんは最後までやり切れる人ですか?

 

大学時代の僕はいつも中途半端に終わる人間でした。

  • 1年間で本を120冊読もう!
  • オーストラリアへ交換留学に行こう!
  • 彼女を幸せにしよう!

などなど、聞こえのいい目標を色々立てましたが全部失敗に終わっています笑

 

大きな目標を立てては挫折し、何もしなくなる。

 

そんな状態で4年間を過ごしました。

 

今思うと、大学時代の自分は今よりも完璧主義要素が入ってまして、全部できる自分がカッコいいみたいなモードになってましたね。(結局できてないんですけ。)

 

今は完璧主義要素が抜けて、できなくても大丈夫みたいなスタンスになりましたので、中途半端で終わることは少なくなってきました。

 

でも同じような悩みを抱えている人は多いと思います。

 

「完璧にやりたいと思うけど結局中途半端に終わる。」

 

今回はそんな悩みを解決するべく、完璧主義の人が中途半端で終わってしまう理由と中途半端で終わらない方法を紹介したいと思います。

 

本記事の内容はこちら!

完璧主義が中途半端になる3つの理由

  1. 全部やろうとする。
  2. 行動を先延ばしにする。
  3. 計画通りに行かないと投げ出す。

完璧主義が中途半端になるのを防ぐ2つの行動

  1. 失敗を計画しておく。
  2. 失敗を乗り越えた回数を数える。

以下の参考文献を基に書いています。

 

完璧主義が中途半端になる3つの理由

完璧主義が中途半端になる3つの理由

 

それではさっそく、完璧主義の人が中途半端になる理由を紹介していきます。

 

※全ての要素は過去の自分です。

 

完璧主義が中途半端になる理由①
全部やろうとする

 

まず、完璧主義は全部やろうとするので、最終的には中途半端になります。

 

スタート時点で全部やることを想定しているので、途中で時間切れになってしまうことがほとんどです。

 

100点目指しがち

 

完璧主義の人は、まず100点を目指そうとします。

 

資格の勉強を例にすると、完璧主義の人はこういう勉強をしがちです。

  • まずテキストに一通り目を通す。
  • 問題集を一から解き始める。
  • 問題集が終わってから模試を解く。

という風に、テキスト→問題集→模試という順番で勉強しようとします。

 

そしてたいていの場合、問題集が途中のまま本番を迎えて絶望します。(思いっきり僕の体験談です。)

 

資格の目標は合格点を取ることなのにも関わらず、100点を取りたがります。

 

でも時間が足りず100点どころか合格点にも届かないという結果に。

 

非常に非効率な勉強をしているということです笑

 

ぎちぎちに計画を立てがち

 

さらに残念なことに、完璧主義の人は隅から隅まで計画を詰めがちです。

 

一日のスケジュールを立てるなら朝から晩まで集中できること前提だし、

  • 1か月後に試験の本番が来るなら問題集を30で割りがちだし、
  • 1日サボったら次の日で挽回しようとしがちだし、
  • 2日サボるから3日目めちゃくちゃ大変になりがちやし、
  • 3日サボったらもはやリカバリーを諦めがちやし、

という風に、ガチガチで計画を立てますがたいていの場合、計画通りにはいきません。

 

30で割らないときは15で割りがちですね笑

 

そして、15で割ったら1日の分量が多すぎて挫折しがちです。

 

点数も計画も上手くいかないんですよね。

 

完璧にやりたい

 

確かに全部やりたい気持ちもわかります。完璧主義の人は全部やっていかないと気が済まないですもんね。

 

でもご覧の通り、圧倒的非効率です。

 

完璧にやろうとして最終的には完璧に達していません。

 

完璧にやりたいからといって、隅から隅まで全部やろうとするのは避けましょう。

 

中途半端になる理由①完璧主義の人は全部しっかりやりたがる。

 

完璧主義が中途半端になる理由②
行動を先延ばしする

 

次に、完璧主義の人は行動を先延ばしにするから中途半端になりがちです。

 

やるべきことを先延ばしにして結局は時間切れになります。

 

先延ばししがち

 

完璧主義のほうが先延ばしをしやすいことが分かっています。

 

最初から完璧を求めてしまって自分に課す目標が高すぎるため、それに届かないのが怖くなって行動できなくなります。

 

結果が出てしまうのが不安でいつまでも手を付けないわけです。

 

全力でやらなければ言い訳できますしね。自分の可能性を残しておきたいわけです。

 

準備に時間かけがち

 

そして、先延ばしをしてしまう原因として完璧主義の人は準備に時間をかけすぎることもあげられます。

 

何かをやろうとすると、全部が揃っていないと気が済みません。

  • まず道具を揃えます。
  • そしてきっちりした計画を立てます。
  • タイミングを待ちます。

この時点でだいぶ時間は過ぎています。

 

そしてついにやろうとします。

 

しかし、やり始めて失敗したらどうしようという不安に駆られてさらに先延ばしをします。

 

今から手を付けても失敗する可能性が高いと思うのでやりません。時間だけが過ぎてしまいます。

 

ギリギリになって始めるので間に合わず、中途半端で終わります。

 

確かに、失敗したくないから全然手をつけない気持ちは痛いほどわかります。

 

僕も就職活動のとき、失敗して自分が否定されるのが怖すぎて、インターンへ一つも行くことができませんでした。だから就職活動をスタートした時期もだいぶ遅かったです。

幸せになりたいと願う人が不幸になる根拠
僕がうつ病になりかけた時の症状を4つ紹介します。【就職活動】 2019の2月頃、僕はうつになりかけました。なりかけたと言っているので、実際になったかどうかはわかりませんが...

 

でも当たり前ですが、先延ばしをしたところで期日は近づくだけです。

 

いつかはやらなあかんので、早めに始めましょう。

 

中途半端になる理由②完璧主義の人はやるべきことを先延ばししがち。

 

完璧主義が中途半端になる理由③
計画通りにいかずどうでもよくなる

 

最後に、完璧主義の人は上手くいかなくなるとどうでもよくなって投げ出すので中途半端になります。

 

完璧な準備をして完璧な計画を立てたにも関わらず、それ通りに行かないのでやめてしまうわけです。

 

↑(完璧な準備に無駄な時間をかけて、できるはずもない計画を立てて、案の定できるはずがなく失敗してやめる。が正しいですが。)↑

 

どうにでもなれ効果

 

完璧主義の人はどうにでもなれ効果を発揮しがちです。

完璧主義が勉強できない3つの理由と完璧主義がやるダメな勉強法3選
完璧主義が勉強できない3つの理由と完璧主義がやるダメな勉強法3選 皆さんは完璧主義ですか? 完璧主義の皆さんの何事にもきっちり取り組もうとする姿勢は、素晴らしい心掛けだと思...

この記事でも取り扱いましたが、どうにでもなれ効果とは一旦段取りが崩れてしまうとそのあと全てがどうでもよくなることを指します。

 

完璧主義の人はきちっとした計画を立てがちなので、崩れたときにリカバリー不可能なことが多いです。

 

そしてさらに、このどうにでもなれ効果は短期的な目標を立てたときに発動しやすいことが分かっています。

 

例えば、1か月後の合格に向けて計画を立てるときに、問題集を30で割って1日当たりの分量を決めますよね。でも三日坊主になり、サボった日のノルマが積もって回収できなくなります。

 

そしてもうええやって投げ出します。

 

でもなぜか受かる気がしてしまいます。

 

本番を迎えますが、案の定不合格になって終わりです。

 

確かに、上手くいかなくて投げ出したくなる気持ちもわかります。せっかく立てた計画が崩れるのは悲しいですもんね。

 

でも最終的な目標は計画きっちり遂行することではありませんよね。手段が目的化してはいけません。

 

目標を見失わないためにもちょっとの失敗で投げ出さないようにしましょう。

 

中途半端になる理由③完璧主義の人はどうにでもなれ効果を発揮しがち

 

完璧主義が中途半端になるのを防ぐ2つの行動

完璧主義が中途半端になるのを防ぐ2つの行動

 

ここまで、完璧主義な人が途中で投げ出してしまう理由を3つ紹介してきましたが、ここからは途中で投げ出してしまわないためにできることを2つ紹介したいと思います!

 

完璧主義が中途半端にならない技①
失敗を計画しておく

 

まず、計画を立てるときに失敗することを前提で考えましょう!

 

先に失敗することを想定しておくことで、どうにでもなれ効果を防ぐというわけです。

 

先ほど完璧主義の人は計画を立てるときにガチガチに立ててしまうよという話をしました。

 

一日のスケジュールを立てるときは一日中集中できる前提ですし、1か月のスケジュールを立てるときは、毎日努力できる前提です。

 

でも人間なのでそんなことできるはずがないですよね笑

 

そこで失敗することを先に計画に織り込んでおくわけです。

 

倍の量を取っておく

 

オススメの方法としては、自分ができると思う分量の倍の量だけ余裕を持たせておくという方法です。

 

例えば、

  • 問題集を10ページ解くのに30分かかると予想するなら1時間で計画する。
  • 30日で問題集を終わらせたいなら2カ月前から始める。

という風に、倍の時間や量を見積もって計画を立てるということです。

 

こうすれば例え問題集が30分で終わらなくてもあと30分余裕ありますし、一日サボったくらいでどうにでもなれとはなりません。

 

サボってしまった次の日でも復帰しやすいですよね。

 

確かに、こんなに余裕があったら余計にサボってしまうのでは?と思うかもしれません。しかし、現状がサボっている状態なので今よりはましになると思います。

 

余裕を持たすことで無理な努力を防ぎますので、

続かない・結果が出ない・サボる・何もしない

という意味がない時間を減らすことができると思います。

 

人間だれしも失敗はしますので、計画を立てるときは失敗すること前提で立てましょう!

 

中途半端にならない方法①計画を立てるときは失敗を織り込んでおく。

 

完璧主義が中途半端にならない技②
失敗から復活した回数を数える

 

次に、失敗から復活したときの回数を数えるようにしましょう!

 

なぜなら、どうにでもなれ効果を一番防ぐのに効果的な方法だからです。

 

落ち込んでいる暇はない

 

皆さんは自分が計画通りにできなかったとき、悲しい気持ちになりますよね。

  • またサボってしまった。
  • 計画通りにできなかった。

こんな風に思って自分を責めてしまうと思います。

 

でも、正直言ってそんな時間はもったいないです。そんなことしてる暇があるのなら、目標に向かった努力を少しでもやったほうがいいですよね。

 

そこで、失敗から復活した回数を数えてみてください。

例えば、一か月後の試験があったとして毎日2ページ問題集を解くという計画を立てたとします。(倍の余裕を持たせるので1日当た1ページでオッケーな計画です。)

1日目 2ページやる

2日目 2ページやる

3日目 サボる

4日目 2ページ←復活ポイント1

5日目 サボる

6日目 2ページ←復活ポイント2

という風に、サボったけど復活できた回数を数えるということです。

 

できなかった当日は自分を責めてしまうかもしれませんが、それを翌日まで持ち越すのはもったいないです。目標達成に一歩も近づきません。

 

ショックで何もしなくなるくらいなら、もう一回スタートできたほうがいいですよね。

 

失敗から乗り越えた回数を数えているとだんだん復活できる自分に気づくことができます。

 

研究者の間では、どうにでもなれ効果を防ぐのに一番効果的な方法だと言われていますので、やってみる価値ありです。

 

失敗しても努力を再開する

 

確かに、失敗の回数を数えるなんて意味あるの?と思われるかもしれませんし、結局サボっちゃってるじゃんとのご指摘がくるかもしれません。

 

しかし、何回失敗しても努力を続けられる人が結果を出すことができます。

 

サボって何もしない人は何も残せませんが、サボってももう一回努力できた人は何かしらの結果が出ますよね。

 

あくまで一例ですが、ミルクボーイさんもサボった状態から再び努力をしてM-1の優勝をつかみ取りました。

 

一時期は漫才をサボっていましたが一念発起して漫才とちゃんと向き合い、結果としてM-1史上最高得点で優勝することができました。

 

やらない時期があっても、

自暴自棄になっても、

最後にもう一回努力すれば結果がでるかもしれません。

 

もちろんでない人もいますけど、無駄にはならないですよね。

 

失敗を乗り越えることができる人は、チャンスがあります。

 

失敗を乗り越えた回数を数えて、やりきれる人になりましょう!

中途半端にならない方法②失敗した回数を数えて努力を再開する。

 

完璧主義が中途半端まとめ

完璧主義が中途半端まとめ

 

ここまで、完璧主義が中途半端で終わる3つの理由中途半端で終わらないためにやることを2つ紹介しました!

復習します。

完璧主義の人が中途半端になる理由とは?
  1. 全部やろうとする。
  2. 先延ばしにする。
  3. 失敗してどうでもよくなる。
完璧主義が中途半端にならないためにすべきことは?
  1. 失敗を計画に入れておく。
  2. 失敗から乗り越えた回数を数える。

 

完璧主義だけどいつも中途半端になる自分のことが嫌な人は多いと思います。

 

完璧主義の人ほど自分に厳しかったりしますもんね。でも、自分に厳しいだけでは何も生まれませんし何も成長できません。

 

ずばり言いますと、完璧主義の人の方が努力できなまであります。

完璧主義の人が行動できない3つの理由【結論:50点でも出せ】
完璧主義の人が行動できない3つの理由【結論:50点でも出せ】 こんな悩みを抱えている友人がいました。 「全部やろうとして逆に何もできない。」 完璧主義ではない人が...
完璧主義の人が成功できない3つの理由【結論:最善主義になろう】 皆さんは完璧主義ですか? 隅から隅まで掃除しないと気が済まない。 レポートは100%納得でき...

こんな記事を書くくらいなので僕は完璧主義をオススメしません。

 

でもそんなにすぐ卒業できるものでもないので、できることから少しずつ変えていきましょう!

 

ファーストステップとして失敗を計画してみてください!

 

皆さんがもう中途半端にならないことを祈っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
よぴお。
本を読んだり新しいことに挑戦したりするのが好きで、頭の回転が遅い22歳です。サラリーマンやってます。週に1回、誰かの悩みを解決するためにブログを始めました。