努力

誰かのために努力する人が成功する理由【結論:自分の目標は不要です。】

誰かのために努力する人が成功する理由【結論:自分の目標は不要です。】

この記事はこんな人にオススメです!

・目標をなかなか達成できない。

・努力をしていても不安がある。

・周りに応援してくれる人がいない。

この記事では誰かのために努力するべき理由を紹介します。

 

好きなアーティストの歌でこのようなフレーズがあります。

 

誰かの為に生きて行く

それさえお前のためだろ 

UVERworld/Don’t Think. Feel)

 

素敵な歌詞ですよねー

綺麗事に聞こえる人がいるかもしれませんが、この言葉は強ち間違っていません。

 

なぜなら、人は自分よりも大きな存在のために努力すると結果的に自分のためになることがわかっているからです。

 

ということで、今回は自分よりも誰かのために努力するべき理由を紹介したいと思います!

 

誰かのために努力する人が成功する理由【結論:自分の目標は不要です。】

誰かのために努力する人が成功する理由【結論:自分の目標は不要です。】

誰かのために努力するべき理由を紹介します。

本記事の内容はこちら

・自分よりも誰かのために努力しよう。

・自分のための目標はやめるべき。

・自分志向目標を他人志向に変えてみる。

 

本記事は以下の参考文献を基に書いています。

 

さっそく本題に入ります。

自分より誰かのために努力しよう。

 

まず、自分よりも誰かのために努力しましょう。

 

なぜなら、誰かのために目標を立てて努力する人のほうが、健康面でも幸福度でもタスクでもより大きな成果を手に入れることができるからです。

 

自分のための目標を立てている人は多いと思います。

例えば、

・本を年間で100冊読む。

・今年中に昇進してお金をより稼ぐ。

・宅建の資格を取る。

などなど、自分の理想に対する目標を立てて努力をしていると思います。

 

もちろん何かに向かって努力することは素敵なことです。それを否定するつもりはありません。

 

ですが、ワンポイントアドバイスさせていただきます。

 

自分よりも大きな目標を立てる

 

それは、今の自分のための目標を「自分よりも大きな目標」に変えてみてはいかがでしょうかというものです。

 

自分よりも大きな目標とは、自分の利益や成功だけでなくその周りを巻き込んでしまうほどの目標のことです。

 

例えば、

・どのようにこの会社に貢献できるだろうか。

・世界にどのような良い影響を与えることができるだろうか。

・家族・パートナー・友達のために何ができるだろうか。

と考えるということです。

 

では、なぜ大きな目標と立てるとよいのでしょうか。

 

大きな目標を立てて努力するメリット

 

大きな目標を立てるメリットを紹介します。

自分よりも大きな目標を立てるメリット

・健康状態が良い

・幸福度が高まる

・人間関係が良好になる。

・利益の総量が大きくなる。

・人生に対する満足度が高まる。

・周囲と助け合うことができる。

とまあたくさん挙げたわけなんですが、以下の二人を比較していただければ容易に理解できると思います。

 

Aさん

「俺は家族を幸せにしたいから会社で成果を出す。」(他者志向)

Bさん

「俺は上司に褒められたいから会社で成果を出す。」(自分目標)

(極端な例かもしれませんが、あくまで例なので一旦置いといてください。)

 

皆さんはAさんとBさんで、

・どちらを応援したいですか?

・どちらと仕事をしたいですか?

・どちらが助け合えそうですか?

聞くまでもないかもしれませんが、Aさんの方が周囲からのサポートが得られそうですよね。逆に自分がAさんだったとしても頑張れそうですよね。

 

つまり、誰かのために努力することで周りからのサポートが得やすく、自分も仕事が捗り結果も出やすいということです。

 

確かに、誰かのために頑張っているけど報われないという人もいると思います。もしあなたがそうなら、見返りを求めているからかもしれません。

 

まず、誰かのために頑張ることこそが自分のためという認識を持ちましょう。

 

事実①誰かへの努力が自分のためになる

 

自分のための目標だけでは苦しい

 

先ほどの例でも挙げたように、自分のための目標を立てている人は多いと思います。むしろ目標は自分のためのものという考えが一般的かもしれません。

 

しかし、これからは自分のためだけに努力することはやめましょう。

 

なぜなら、シンプルに自分が苦しいからです。

 

自分の目標だけを追い求める末路

 

自分のためだけに努力すると以下のようになります。

自分だけの目標を追い求めるデメリット

・不安や妬みを感じやすい。

・うつ病になる可能性が上がる。

・周囲からの反感を買いやすくなる。

・自分の利益を得たとしても孤立する。

・能力を証明するために手段を選ばない。

とまあこちらもたくさん挙げたわけなんですが、とりあえず「自分のことしか考えていない人」はこういう結果になる可能性が高いわけです。

 

皆さんも経験したことはありませんか?

・成果を出すためなら周りを蹴落とす人。

・上司に気に入られたくて嘘をつく人。

・自分の利益のために他人を利用する人。

このような人は短期的に成果は出ても長くは続かないと思います。仕事は一人でできるけど人望がない人になるかもしれません。

 

皆さんは自分のことだけを考えた目標は避けるようにしましょう。

 

事実②自分の利益ばかり考える人は最終的に苦しい。

 

自分の目標を誰かのための努力に変えよう

自分の目標を誰かのための努力に変えよう

 

これまで誰かの為に頑張ることを勧めてきたわけなんですが、最後に具体的な行動ステップを紹介します。

目標を他者志向に変える

 

自分のために立てた目標を他者志向に変えてみましょう!

 

例えば、

①本を年間100冊読む!(自分志向)

→本を100冊読んで役に立つ知識をSNSにアウトプットする。(他者志向)

②営業の個人成績で支店ナンバー1取る(自分志向)

→会社全体の支店成績でナンバー1を取る(他者志向)

③宅建の資格を取る(自分志向)

→宅建の知識を身に付けてより多くの悩みを解決する(他者志向)

などなど、自分がいま掲げている自分志向の目標を変えてみましょう。

 

自分で意識的に目標を変えた方がはるかに効果が大きいことが明らかになっています。

 

これからは、自分はどのように社会に貢献できるか?という誰かのために役に立つという視点を持ってみましょう!

 

行動:今の目標を他者志向の目標に変えてみる。

 

まとめ

誰かのために努力するべき理由について紹介しました!

・誰かのために頑張れる人が成功しやすい。

・自分志向は自分自身を苦しめる可能性がある。

・他者志向の目標を立ててみよう!

という内容でした。

 

皆さんが誰かのために生きて行くことで自分のためになることを願っています!笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

ABOUT ME
よぴお。
本を読んだり新しいことに挑戦したりするのが好きで、頭の回転が遅い22歳です。サラリーマンやってます。週に1回、誰かの悩みを解決するためにブログを始めました。