完璧主義

完璧主義の人ほど失敗する2つの理由とは?【失敗しない方法も解説】

完璧主義の人ほど失敗する2つの理由とは?【失敗しない方法も解説】
この記事はこんな人にオススメです!
  • 自分は完璧主義だと感じている人。
  • 失敗してしまう自分が嫌な人。
  • 失敗した自分を許せない人。

この記事を読めば、完璧主義の人が失敗する理由と、完璧主義の人が失敗しないための方法を理解することができます!

 

皆さんは失敗しますか?

 

僕はなんせポンコツなので、めちゃくちゃ失敗します笑

 

人間なんで失敗して当たり前です。僕は失敗すること自体は悪くないと思っています。

 

でも、自分の失敗を許せない人がいます。

 

それは、完璧主義の人です。

 

完璧主義の人は失敗した自分に非常に厳しくしてしまいがちです。

 

しかも、完璧主義の人は年齢を重ねるほど失敗をしやすくなるということが分かっています。

 

それではなぜ完璧主義の人ほど失敗してしまうのでしょうか。

 

ということで今回は、完璧主義の人が失敗しやすくなる理由とその解決策について書いていきたいと思います!

本記事の内容はこちら!

完璧主義の人ほど失敗する2つの理由とは?

  1. 自分で失敗を見つけるから
  2. 失敗したままで終わるから

完璧主義の人が失敗しない2つの方法とは?

  1. たくさん失敗してみる
  2. 失敗した自分を許してあげる

以下の参考文献を基に書いています。

 

完璧主義の人ほど失敗する2つの理由とは?

完璧主義の人ほど失敗する2つの理由とは?

 

さっそく、完璧主義の人が失敗しやすい理由を2つ紹介します。

 

完璧主義が失敗する理由①自分で失敗を見つけてしまう

 

まず、完璧主義の人が失敗しやすいのは、どんなに小さな失敗でも自分で見つけてしまうからです。

 

周りが失敗だと思っていないことでも、本人は失敗にしてしまいがちです。

 

小さなミスも気になる

 

先ほども言いましたが、完璧主義の人は自分に非常に厳しいです。ほんのちょっとのミスでも許せません。

 

具体的には、こんな風になります。

小さな失敗を見つける。

上司や関係者に報告する。

「気にすることじゃないよ」と周りにいってもらう

「いや、失敗は失敗だ」と自分は考える。

失敗した自分を責める

という風になります。

 

つまり、周りの人が失敗だと思っていないことでも、本人からしたら失敗になるので失敗が多く感じやすいということです。

 

確かに、完璧主義の人は全てができていないと気が済まないと思います。

 

ちょっとでもずれがあったら直したくなりますもんね。

 

でも、完璧な人間なんて存在しません。

 

むしろ、完璧主義の人ほど完璧になれないということまで言われています。

完璧主義の人ほど中途半端になる3つ理由【結論:失敗を計画しよう】
完璧主義の人ほど中途半端になる3つ理由【結論:失敗を計画しよう】 皆さんは最後までやり切れる人ですか? 大学時代の僕はいつも中途半端に終わる人間でした。 1年...

 

自分に厳しくなりすぎず、周りがフォローしてくれるようなミスは流せるくらいになっておきましょう。

 

完璧主義が失敗する理由①完璧主義の人は、小さなミスでも自分を責めてしまいがち。

 

完璧主義が失敗する理由②失敗したままで終わる

 

次に、完璧主義が失敗する理由は失敗したままで終わるからです。

 

また失敗するのが嫌で挑戦しなくなるということです。

 

失敗が怖い

 

完璧主義ではない人は、たくさん失敗をします。

 

なぜなら、失敗からこそフィードバックが得られることを理解しているからです。

 

失敗から改善ポイントを見つけて、少しずつ行動を変えていくことができます。

 

一方で、完璧主義の人は失敗を極度に恐れています。

 

そのため、準備に時間をかけて絶好のタイミングになるまで行動しません。

完璧主義の人が行動できない3つの理由【結論:50点でも出せ】
完璧主義の人が行動できない3つの理由【結論:50点でも出せ】 こんな悩みを抱えている友人がいました。 「全部やろうとして逆に何もできない。」 完璧主義ではない人が...

 

簡潔にまとめますとこのようなメカニズムです。

失敗するのが怖い

準備に時間をかけてタイミングを待つ

挑戦する。

失敗する。

自分を責める

失敗するのが嫌になる

挑戦しない

という流れになります。

 

つまり、完璧主義の人は失敗するのが嫌になって、そのままで挑戦を終えてしまうから失敗が多いように感じるということです。

 

こんな名言があります。

『成功とは成功するまでやり続けることで、失敗とは成功するまでやり続けないことだ』

パナソニック創業者 松下幸之助

松下幸之助さんの言葉をお借りしますと、完璧主義の人は成功するまでやり続けることがないため失敗してしまうんですよね。

 

確かに、失敗するのが怖いという気持ちは十分にわかります。

 

誰でも新しいことに挑戦するときは不安を感じますからね。人間なのでそれは仕方がないことです。

 

しかし、挑戦をしなければ成長は難しいですよね。

 

失敗したままで終わらず次の挑戦ができるようになりましょう!

 

完璧主義が失敗する理由②完璧主義の人は失敗したままで終わりがち。

 

完璧主義の人が失敗しない2つの方法

完璧主義の人が失敗しない2つの方法

 

ここまで完璧主義の人は、自分に厳しくなって挑戦するのをやめちゃうから失敗したままになるよーという話をしてきました。

 

ここからはどうすれば完璧主義の人が失敗することを減らせるのかについて書いていきたいと思います。

完璧主義が失敗しない方法①たくさん失敗してください

 

矛盾しているようですが、完璧主義の人はたくさん失敗してください。

 

なぜなら、まず失敗しないことには改善点が見つからないからです。

 

いきなり成功しない

 

なんだよタイトル詐欺じゃないか!と思わせてしまったら申し訳ございません。

 

でも、失敗しない方法の解決策は失敗してみることだと本気で思っています。

 

どんなに成功している人でも必ず失敗を経験しています。

  • イチロー選手は100回の打席で60回以上は凡退します。
  • 笑い飯さんはM-1グランプリで優勝するまでに8回決勝で敗退しています。
  • DaiGoさんは大学受験に失敗して東大に入れていません。

などなどあげだしたらキリがないですが、成功している人は人生のどこかしらで必ず失敗を経験しています。

 

はいはい、よくある自己啓発ねって思われるかもしれませんが、こんなに優秀な人が失敗しているのに、普通の人が失敗を恐れる理由がないですよね。

 

だって失敗して当たり前なんですから。

 

自分が一度も失敗したことがない天才だと思っているのなら考えを改めた方がいいかもです。

 

不要なプライド

 

恐らくですが、完璧主義の人はプライドが高いです。

 

というか、こんな話をしている僕がそうでした。

 

昔の僕はプライドが高くて失敗を極度に恐れていました。

 

変に順調に人生が進んでいたので、気づけばプライドはガチガチに守られてしました。

 

しかし、大学受験と大学生活で自分のポンコツ具合が露呈し、受け入れるのに大変苦労しました。

 

一時期はそんなポンコツな自分が嫌で思いっきり病みました笑

【実体験】メンタルを悪化させる3つの習慣とは?【これでうつ病の初期症状が出ました。】
メンタルがボロボロになる3つの悪習慣とは?【うつ病になりかけた】 前回の記事では、僕が今年の2月頃にうつ病になりかけたときの症状について書きました。 ↓まだご覧...

 

それを乗り越えてからというものは、ほとんどプライドはありません。

 

ポンコツですし、失敗しますし、怠けます。でも全然それでいいと思っています。

 

ポンコツな自分をちゃんと受けいれて、ポンコツながらも自分が少しでもよくなるように頑張るだけです。

 

なので、とりあえずあと一回失敗してみましょう。

 

そして、失敗したときに次の【完璧主義が失敗しない方法②】をやってください。

 

失敗しない方法①失敗をたくさん経験してみる。

 

完璧主義が失敗しない方法②失敗した自分を許してあげる

 

失敗したときに、失敗した自分を許してあげてください。

 

なぜなら、自分を許すことができる人ほど再び挑戦できるからです。

 

自分を許す

 

完璧主義の人は自分にかなり厳しいです。

 

そのため、失敗したときに必要以上に自分のことを批判してしまいます。

 

具体的には、

  • 失敗した自分はダメな奴だ。
  • 失敗するなんてできない人間だ。

という風に自分を責めるばかりいます。

 

そして、失敗するのが怖くなって行動できないのがオチです。

 

一方で、失敗した自分を許すことができれば次の挑戦につなげることができます。

 

この自分を許す力のことをセルフコンパッションと言います。

自分を責める人がヤバいたった一つの理由。【結論:メリットなし】
自分を責める人がヤバいたった一つの理由。【結論:メリットなし】 僕の大好きなアーティストの歌にこんなフレーズがあります。 一番いけないことはさ 自分はダメだと思うこと ...

↑詳しくはこちらをご覧ください。↑

 

失敗は誰にでもあると考えることができれば、自分の失敗も受けいれて前に進むことができます。

 

確かに、責めたらダメだとわかっていても、どうしても自分に厳しくしてしまうという人はいると思います。

 

そんな人にオススメのセルフコンパッションのテクニックがあります。

 

失敗したのは親友

 

それは、自分が失敗したときに、まるで親友が失敗したときのように接してみるということです。

 

実際に親友が失敗したとき、皆さんはどんな風に声をかけますか?

  • 大丈夫!
  • 失敗なんか誰にでもあるよ!
  • 失敗からいっぱい学べるよ!

そんな風に声をかけてあげると思います。

 

親友にこんなに優しくできるのなら、失敗した自分にも優しく接してあげればいいですよね。

 

親友に話すようにすれば、自分を許してあげやすくなります。

 

確かに、自分に甘いのはダメだと思う人がいるかもしれませんが、これは甘いわけではありません。

 

失敗したことを受け入れるための方法になります。

 

失敗したことを認めなければ次も同じような失敗をしてしまいますからね。

 

成長するためにも、親友に話しかけるように失敗した自分を許してあげてください。

 

完璧主義が失敗しない方法②失敗した自分を素直に認めて許してあげる。

 

完璧主義が失敗する理由まとめ

完璧主義が失敗する理由まとめ

 

ここまで、完璧主義の人が失敗する2つの理由と失敗しないための解決策を2つ紹介しました!

復習します。

完璧主義の人が失敗する2つの理由とは?
  1. 小さな失敗も気になってしまうから。
  2. 失敗したままで挑戦が終わるから。
完璧主義の人が失敗しないためには?
  1. 失敗を繰り返して一つずつ改善していく。
  2. 失敗した自分を許してあげる。

ということでした!

 

「失敗しない方法は失敗すること」という話をしたので、こいつ矛盾してんなって思われたかもしれません。

 

しかし、失敗しない限り失敗しない方法は永遠にわからないことをご理解いただけたらなと思います。

 

人間は失敗からのほうが学べますからね。

 

完璧主義の皆さんが、失敗したとしても自分を許してあげて何度も挑戦できることを祈っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

ABOUT ME
よぴお。
本を読んだり新しいことに挑戦したりするのが好きで、頭の回転が遅い22歳です。サラリーマンやってます。週に1回、誰かの悩みを解決するためにブログを始めました。