【悲惨】自分は賢いと思う人ほどバカであるという悲しい現実。【ダニング・クルーガー効果】

【悲惨】自分は賢いと思う人ほどバカであるという悲しい現実。【ダニング・クルーガー効果】

Q.自分は賢いと思いますか?

 

皆さんは、「自分は物知りだ」とか「自分はよく物事を理解している」と思いますか?

 

「はい!」と答えた皆さん、、、

 

今すぐこのページを閉じてください!

 

この先を読むべきではありません笑

 

 

「いいえ!」と答えた皆さんには朗報なので最後まで読んでくださいね!

 

 

 

ダニング・クルーガー効果

 

今回は、【ダニング・クルーガー効果】について紹介したいと思います。

 

ダニング・クルーガー効果とは、コーネル大学の心理学教授デヴィット・ダニングとジャスティン・クルーガーによって明らかにされたもので、

 

知識が欠けている人ほど自分が無知であることを全く理解していない

ことを指します。

 

つまり、無知な人ほど根拠のない自信を持ちがちということです。

 

ダニングとクルーガーによる実験

 

二人は心理学を学ぶ学生にテストを行いました。

その後、学生に自分で自分の得点を予想してもらい、他の学生よりもどのくらいできたかを%で自己評価してもらいました。

 

その結果、このようなことがわかりました。

  • 最下位に近い得点を取った学生たちは他の3分の2の学生よりも優れていると予測
  • 高い得点を取った学生たちは自分の能力を正確に認識
  • 最も高い得点を取ったグループは自分の能力を若干低く見積もる

 

つまり、無知な人ほど自分の無知に気づかないということです。

 

 

さらに、無知な人ほど間違った考えを変えにくいということも分かっています。

 

もう一つの研究を紹介します。

 

コロラド大学の研究

 

コロラド大学のフィリップ・ファーンバック教授の研究では、遺伝子組み換え食品に反対している人たちはどんな人たちなのかということを調べました。

 

なぜこのような研究が行われたかというと、

  1. 遺伝子組み換え食品は人への安全性がほぼ確立されている状態
  2. 米国科学振興協会(1)や欧州委員会(2)なども遺伝子組み換え食品の安全性を説いている
  3. それでも反対意見があるのはなぜか?

 

つまり、安全性が証明されつつあるにも関わらず、遺伝子組み換え食品を反対し続ける人はどんな人たちなのかを調べたということです。

 

研究では、2500人以上の男女に遺伝子組み換え食品についてアンケートを行いました。

そして、科学的基礎知識を問うテストを行いました。

その結果、遺伝子組み換えに反対する人ほど科学的知識がなかったということがわかりました。

 

さらに、遺伝子組み換え反対派の人ほど

  • 自分から正しい情報を積極的に探さない
  • 正しい情報を伝えると反対する気持ちが強くなる

ということも判明しました。

 

つまり、自分が無知だと知らない人ほど実は無知で、そのくせ頑固だということです。

 

非常にやっかいですね笑

 

 

勉強をし続けなければならない理由

 

ダニング・クルーガー効果を知ると、勉強をする理由が見えてきます。

 

無知な人ほど自分の無知を知らないということは、勉強をすればするほど自分の無知を理解できるということ。

 

つまり、勉強は自分の無知を理解するために続けるということですね。

 

 

子どもの頃はよくこんな疑問を持っていました。

  • 「なんで勉強なんかせなあかんの?」
  • 「なんのために勉強するん?」
  • 「社会に出てこんなん役に立つん?」

ダニング・クルーガー効果を知っていれば、子どもたちに一つの答えを与えることができます。

 

 

「周りからあの人バカなくせに頑固やなって思われへんためやで」

 

(子どもに響くかわかりませんが、笑)

 

 

まとめ

  • ダニング・クルーガー効果を紹介!
  • 無知な人ほど無知で頑固!
  • 自分の無知を知るためにも学ぼう!

 

学ぶことの大切さが伝わっていれば幸いです笑

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

 

参考文献

・『クラウド時代の思考術』ウィリアム・パウンドストーン著

・『知ってるつもり』スティーブンスローマン&フィリップ・ファーンバック著

・頑固なバカを相手にしなくてはいけなくなった時の対処法

https://daigoblog.jp/dunning-kruger/

 

[遺伝子組み換えに関する声明]

・遺伝子組み換え食品の表示に関する米国科学振興協会の声明

http://www.aaas.org/sites/default/files/AAAS_GM_statement.pdf

・2001年から2010年にかけてEUの資金協力を得て実施された遺伝子組み換え作物に関する研究

http://ec.europa.eu/research/biosociety/pdf/a_decade_of_eu-funded_gmo_research.pdf