人生をより良くする方法

カフェの方が集中できる3つの理由とは?【家は諦めよう】

カフェの方が集中できる3つの理由とは?【家は諦めよう】
この記事はこんな人にオススメです!
  • なんで家で集中できないのにカフェでできるの?
  • 家で勉強できないのはなんで?
  • カフェで集中できる根拠を知りたい!

この記事を読めば、カフェで集中できる3つの理由を知ることができ、なぜ家で集中できないのかも理解することができます。

 

皆さんは普段カフェで作業することがありますか?

 

有名なコーヒーチェーン店を外から見ますと、勉強している学生や作業しているビジネスパーソンを見かけることがあります。

 

もちろん、マナーを守っての範囲ではありますが、カフェで何かに向けて頑張る姿を見ると素敵だなと思います。

 

努力するため、集中するためにカフェに来たということですもんね。

 

しかし、ここで2つほど疑問があります。

  • なぜカフェは集中できるのでしょうか。

→集中できない環境にわざわざ来ませんからね。

  • なぜ家で集中しないのでしょうか。

→家で集中できたら無料ですもんね。

というわけで今回は、カフェで集中できる3つの理由と家で集中できない理由について解説します!

カフェで作業する場合は店のルールに従ってください。誰かに迷惑をかけてまで頑張る理由はありません。

 

本記事の内容はこちら!

カフェで集中できる3つの理由とは?

  1. ほどよくうるさいから
  2. 周りに頑張っている人がいるから
  3. カフェインが摂取できるから

カフェで集中できるのに家でできないのはなぜ?

以下の参考文献を基に書いています。

 

カフェの方が集中できる3つの理由とは?【家は諦めよう】

カフェの方が集中できる3つの理由とは?【家は諦めよう】

 

それではさっそく、カフェで集中できる3つの理由について解説していきます。

 

カフェで集中できる理由①
ほどよくうるさいから

 

まず、カフェはほどよくうるさいので集中することができます。

 

なぜなら、カフェくらいうるさい場所の方が創造性が発揮されやすいからです。

 

雑音が創造性を高める

 

ブリティッシュコロンビア大学が行った研究では、被験者を

  • 図書館くらい静かな場所
  • カフェくらいうるさい場所
  • 工事現場くらいうるさい場所

にわけて、アイデア出しや企画を考えるなど創造性が求められる作業をしてもらいました。

 

その結果、カフェくらいうるさい場所で作業した人の結果が一番良かったということがわかりました。

 

つまり、静かすぎるよりもうるさすぎるよりも、カフェのような少しうるさいくらいの場所のほうが、脳がいい具合に拡散思考になってクリエイティブになるというわけです。

 

カフェの雑音

 

カフェにはいろいろな音がありますよね。

  • 他のお客の会話
  • 店員の足音
  • 注文の声
  • コーヒーを注ぐ音
  • ゆるやかなBGM

などなど、様々な音が飛び交っています。

 

このちょうどいい雑音感がクリエイティブの肝というわけです。

 

皆さんも勉強や仕事に行き詰ることがあると思います。そんなときは創造力や発想の転換が必要ですよね。カフェだと創造力が発揮しやすいため集中が続くというわけです。

 

確かに、雑音があったら逆に集中できないんじゃない?と思う方もいると思います。

 

間違いなく、特定の声が聞こえたら集中するのは難しいです。なので、ほどよく雑音が聞こえるカフェに行きましょう笑

理由①カフェはほどよい雑音があるため作業が捗る

 

カフェで集中できる理由②
周りに頑張っている人がいる

 

次に、カフェには他にも勉強や仕事に集中している人がいるため、自分も頑張ることができます。

 

なぜなら、人間は周りの環境に左右される生き物だからです。

 

意識高い系

 

カフェでマックブックを開いている人を見かけます。

 

意識高い系と揶揄されるときに使われる表現ですが、僕はカフェで意識高く作業する人が好きです。

 

揶揄する人よりも目標に向かって努力している人の方がカッコいいですし、彼らを見ると僕も頑張ろうってなります。

 

これは、きれいごとではなく科学で実証されていることです。

 

ピアプレッシャー

 

周りの環境に合わせて行動する修正を「ピアプレッシャー」や「同調圧力」と言います。

 

日本では、「同調圧力」という言葉はネガティブに捉えられがちですが、プラスの方向に効かせることもできます。

 

実際に、周りが頑張っている環境でピアプレッシャーを感じた人はセルフコントロール能力が向上するということが分かっています。

 

コロラド大学の実験では、まず4歳の子どもにマシュマロを我慢してもらうように指示し、我慢できたら後でもう一個もらえると伝えました。

 

そして、

  • 普通に我慢させるグループ
  • 他の子はマシュマロを我慢できたよと伝えるグループ

にわけました。その結果、他の子が我慢していると伝えられたグループは我慢する確率が2倍になるということがわかりました。

 

つまり、他の子もできたという圧力で行動が変わったというわけです。

 

カフェで集中する人たち

 

この仕組みを応用すると、自分が集中したいのなら熱心に仕事や勉強に取り組んでいる人が多い場所へ行くといいということです。

 

モチベーションが高い人のそばに自分を置くことで、自分の自制心が向上します。

 

カフェでは学生やビジネスパーソンが何かに取り組んでいる姿を見ますよね。周りが頑張っていたら自分も自然に頑張れます。

 

自習室に通ったらモチベ爆増

 

実際に、僕も2020年の9月から作業に集中するために自習室へ通っています。

 

周りでは、赤本を開く高校生や英語の勉強をするビジネスパーソン、作業に没頭するフリーランスなど様々な世代がそれぞれの目標に向かって努力しています。

 

そんな姿を見たら頑張らないわけがないですよね笑

 

いくつになっても努力できるし、サボろうなんて微塵も思いません。

 

自習室と同じようにカフェには作業をするする人がいます。

 

そういう人たちの影響を存分に受けましょう!

 

理由②カフェで勉強や仕事をする人を見ると自分も頑張れる

 

カフェで集中できる理由③
カフェインで集中力が増加する

 

最後に、カフェで集中できるのはカフェインのおかげです。

 

なぜなら、カフェインは集中力を上げてくれることがわかっているからです。

 

カフェインの効果

 

皆さんもご存知かもしれませんが、カフェインには覚醒作用があります。

 

具体的には、脳の神経を興奮させて眠気や疲労を感じにくくさせる効果があります。そのため、カフェインを摂取することで集中力を高め、思考力や認知能力を高めることができます。

 

好みにもよりますが、カフェでコーヒーは頼みますよね。

 

非常に身近な相棒が集中力を高めてくれていました笑

 

摂りすぎには注意

 

カフェインを摂ると集中力上がるよーという話をしてきたわけなんですが、カフェイン中毒という病状があるよに、摂りすぎには注意が必要です。

 

大量に摂取するとカフェイン中毒となり、最悪の場合は命に危険が及びます。そこまでコーヒーを飲み過ぎることもないとは思いますが、集中力をあげようと思ってがぶ飲みしないようにしましょう。

 

ハーバード大学の研究では、1日1杯から5杯までのコーヒーで早期死亡率が下がるということがわかっていますので、飲んでも5杯くらいまでにしておきましょう!

理由③カフェで頼むコーヒーが集中力を高めてくれていた。

 

家よりもカフェが集中できる当然な理由

家よりもカフェが集中できる当然な理由

 

ここまで、カフェで集中できる3つの理由を紹介しました。

 

まとめますと、

  1. ほどよくうるさいから創造力アップ!
  2. 周りで頑張る人を見て自制心アップ!
  3. コーヒーを飲んで集中力アップ!

という話でした。

 

でも、皆さんはこんな悩みを抱えているかもしれません。

「カフェで集中できる理由はわかったんやけど、でもお金がかかるから家で集中したい!」

その気持ち、めちゃくちゃわかります。僕も家で集中しようと何度も試みましたが、諦めて自習室に行くようになりました。

 

皆さんも、家でやろうやろうと思って何度も失敗した経験があると思います。

 

ですが、ズバリ言いますと家で作業や勉強をやろうと思ってもできないのは当然だと思います。

 

なぜなら、家は休むところだと脳にインプットされているからです。

 

カフェで集中できるが家はできない

 

脳は場所と意味を無意識に一致させています。

 

例えば、脳にとってベッドは寝るところですし、近くの公園は安らぐところですし、家はゆっくりするところと認識されていると思います。

 

つまり、ベッドで運動は絶対にしないように、ゆっくりするところで集中しようと思っても脳が混乱してしまうわけです。

 

普段はゆっくりするところである家を集中する場所に変えるためには、部屋の環境をゴロっと変えなければなりません。

 

具体的には、集中する場所と休む場所を明確に分ける必要があります。

 

部屋の場合、

  • 机=集中する場所
  • ベッド・ソファ=休む場所

となります。

場所の意味を変えるためには

まずベッドは机と離す。

机は集中したい作業以外しない。

決して、ベッドで寝ころびながら作業をしない。

そして、机で動画などの娯楽を見ない。

という風に、自分が望む場所と意味の関係を固定させるというわけです。

 

家で集中できないのは皆さんの意志力の問題ではなく、環境から変えないといけないくらい難しい話だったというわけです。

 

複数の部屋がある場合は、作業場所とそれ以外の時間を過ごす部屋でわけやすいですが、該当する人は少ないと思います。

 

カフェは集中できる場所

 

前半の話に戻りますと、カフェで集中できるのはもしかすると「カフェ=作業する場所」と意味づけられているという要因も考えられますね。

 

わざわざ着替えて、お金をかけてでも集中したいからカフェに行く。

 

意味を固定させるためには十分な根拠があります。

 

もちろん、カフェで友達とゆっくり喋ることもあるとは思いますが、その時と状況や持ち物は全く違うので脳も混乱することはないでしょう。

 

確かに、お金がかかるから家で集中できるようになりたいという気持ちも分かります。

 

しかし、お金をかけてでも集中できる場所へ行くべきだと思います。

 

僕も9月から自習室へ行くようになりましたが、休みの日に自習室へ行くと作業が鬼のように捗りますが、行かなかった日は時間を無駄にして終わりがちです。

 

自分の意志の問題ではなく、本当に部屋はゆっくりする場所という認識がそうさせているんだと思います。

自習室には周りに努力している人がたくさんいます。

集中するための環境づくりがされています。

しかも、自習室だったら月額払いなので行かないともったいないです笑

 

自習室やコワーキングスペースに行け!とは言いませんが、集中したい!と思ったときはカフェに行きましょう!

カフェじゃないけど自習室へ行ったら人生変わった

 

カフェ集中できる理由まとめ

カフェ集中できる理由まとめ

 

ここまで、カフェだからこそ集中できる3つの理由と、家で勉強できないわけについて解説しました!

 

復習します。

カフェで集中できる3つの理由とは?
  • ほどよくうるさいから
  • 周りが頑張っているから
  • コーヒーのカフェインで覚醒するから
なぜカフェでできるのに家でできないの?

家は休むところと脳が認識しているから

ということでした!

 

この記事を読んでくださった皆さんは、何かを頑張ろうとしている途中だと思います。

 

そうでなければ、カフェで集中できる理由なんて調べないですからね。

 

それは受験勉強かもしれないし、仕事の準備なのかもしれないし、夢に向けた資格勉強かもしれませんが、それぞれの大事な目標があると思います。

 

もちろん家でできることに越したことはないですが、なかなかできないのが現状です。

 

僕は自習室へ行くようになって人生が好転しました。明らか自分の目標に向けた努力ができています。

 

もちろんお金も大事ですが、自分への投資だと思って集中するためにカフェを利用してみてはいかがでしょうか!

 

皆さんが集中できる環境を手にして努力できることを祈っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ABOUT ME
よぴお。
本を読んだり新しいことに挑戦したりするのが好きで、頭の回転が遅い22歳です。サラリーマンやってます。週に1回、誰かの悩みを解決するためにブログを始めました。